• 文字サイズ

トップ > プロレス > プロレス > TNA王者・真田が無期限米遠征へ

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TNA王者・真田が無期限米遠征へ
2014年03月04日 16時00分

武藤(右)から米国でのブレークを厳命された真田

 TNA王者となったW―1・真田聖也(26)の米国遠征が無期限に“昇格”した。3日の両国国技館大会一夜明け会見で武藤敬司社長(51)が突然、通達した。

 

 うれしい誤算といっていい。真田のTNA遠征はグレート・ムタとともに参戦する現地時間9日(日本時間10日)に米国マイアミで開催されるPPV大会1戦のみの予定だった。

 

 ところが、2日の両国大会で真田はオースチン・エリーズからTNA Xディビジョン王座を獲得。マイアミ決戦は通常の6人タッグ戦がすでに発表されており、王者の真田はその後もTNAツアーに同行することになった。

 

 武藤は「なんか、そのまま残るんだよな~。詳しいことは聞いてない。長いか短いか知らないんだよ」と帰国が未定となったことを通達。随分とアバウトな説明だが、これも異国王者の宿命であり、ベルトを持ち続ける限りは必然的に米国が主戦場となるのは当然だ。

 

 その間、日本の試合は「(真田不在に)なっちゃうだろうな~」と武藤はこれまたテキトーに補足。今の時代には珍しい、文字通りの「無期限遠征」となる。

 

 米国で長期滞在経験のある武藤ならともかく、真田は今回が米国初上陸。不安だらけの遠征となるが、真田は独身の自由人らしく「こういうチャレンジは嫌いじゃない。未定というのは逆にワクワクする」と涼しい表情。マイアミ大会以降の滞在先は全くの白紙だが、日本の住居は残したまま、とりあえず数か月は滞在できる生活用品を持参するという。

 

 もちろん、ベルトを失えば即、遠征中断となる可能性が高い。「ベルトを落とせばもういいとなる。帰ってこないくらいの気持ちでいく。そのほうが成長できる」と真田は片道航空券だけで、7日に出発する。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【スーパージョッキーズトライアル】一枚の切符をめぐる華麗な技の競演スタート new
本戦への出場をかけた「ワイルドカード」は20日に佐賀競馬場で実施

【前橋GIオールスター競輪】武田が5回目のGI優勝
15日、前橋競輪場で「第57回オールスター競輪(GI)」決勝が行われ、武田豊樹(40)が3番手まくりを決めて優勝。2012年12月競輪祭以来、5回目のGI優勝を手にした。

元フジアナ・長谷川豊「すべてお話ししますがなにか?」
“女子アナセクハラ被害”を激白した元フジテレビアナ・長谷川豊がマイクをペンに持ち替えて、女子アナたちの嘔吐事件、不仲疑惑、未成年アイドルとの飲酒騒動など“とくダネ”大放出!


おすすめコンテンツ
9・27阪神競馬場で「大スポ馬コン」を開催

自らの秘められた過去を暴露した理由を、遠野自身が解き明かす

様々なテーマとスタイルで小蜜があなたを骨抜きにします!

今回は、本紙で報じた「“人魚”捕獲は日本海大地震兆候か」。

清水ゆう子、中村葵、青木ゆみかが登場

次回は戸田ヤングダービー(9月23日開幕)

新着フォト
東スポ動画
昨年2月、卵巣に境界悪性腫瘍が見つかり卵巣と子宮を全摘出。AVを含む一切の活動を一時休止し、その後は抗がん剤治療も受けた麻美ゆまが、東京スポーツ新聞社を訪れ、すっかり元気になった姿を披露した。
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。