• 文字サイズ

トップ > プロレス > プロレス > 武藤がW―1の米国本土上陸を宣言

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

武藤がW―1の米国本土上陸を宣言
2014年03月03日 16時00分

デュプリ(左)にピンポイントのドロップキックを叩き込む武藤

【W-1両国大会】武藤敬司(51)率いる「WRESTLE―1(W―1)」が初のビッグマッチを2日、東京・両国国技館で開催。米国団体・TNAとの3大王座戦を筆頭とする日米対抗戦を実現させた武藤は、W―1の米国本土上陸を熱望。自身のTNA王座獲得にも意欲を示し、日米マットの新たな懸け橋となることを誓った。

 

 旗揚げ半年余りで迎えた大一番で、武藤ジャパン対TNA軍の一大対抗戦が実現。武藤はW―1常連のロブ・テリー(年齢非公開)と「X」だった太陽ケア(38)を従えて6人タッグ戦に出撃した。

 

「自分が負けたら引退」の重い十字架を背負った武藤は、レネ・デュプリを得意の足殺しフルコースで苦しめる。さらに絶妙なタイミングでケアのアシストを受け、必殺のシャイニング弾で3カウントを奪った。

 

 格の違いを改めて証明した武藤は「パートナーのおかげで無事引退せずにすんだ。これからがスタートなんだから、まだリタイアできない」と胸を張った。

 

 武藤は化身のグレート・ムタとしてTNAのPPV大会(日本時間10日、フロリダ州マイアミ)に参戦。マイアミ決戦が、1月にTNAを退団したジェフ・ジャレット前社長と取り決めた約束の最後となる。その後は未定ながら、両団体は提携関係を継続する方針。マイアミ遠征中にも新体制との間で話し合いが行われる見込みだ。

 

 武藤は「このビジネスは始まったばかりで(両団体の)接着剤になれるのは日本人では俺しかいない。縄張りの問題もあるけど、攻めるなら人口が集中してる東海岸だろうな」と、W―1の米国本土上陸の野望を明かした。単独開催のハードルは高く、共催となる可能性は高いが、W―1を世界に広めるには、これ以上の起爆剤はないだろう。

 

 また、武藤個人としても“ベルトコレクター”の血が騒ぎ始めた。「TNAのタイトルには全く触れたことがない。世界ヘビーと言いたいけど、現実的にはムタでタッグだな」。武藤はすでに日米マットで数々のタイトルを獲得したが、TNAは未知の領域だ。体力面も考慮し、TNA世界タッグ王座取りを視野に入れた。

 

 今年でデビュー30周年の武藤。プロレス発展のため、まだまだ身を削る覚悟だ。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
元フジアナ・長谷川豊「すべてお話ししますがなにか?」
マイクをペンに持ち替えて、女子アナたちの不仲疑惑、未成年アイドルとの飲酒騒動などを大放出!

上原浩治「中継ぎピッチャーズバイブル」
「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

麻美ゆま 連載「HAPPY&SMILE」
セクシー女優・麻美ゆまがAVのこと、病気のことなど、赤裸々に半生を語り尽くす。(全20回)


おすすめコンテンツ
現役フリーアナが、運命の人を探し出す!タイムリミットは4月25日

優勝者に賞金100万円プレゼント

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

週末のレースに向けて行われている、デスクとスタッフのナイショ話

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は「マスターズチャンピオン」

新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2015」グランプリは璃乃、星優姫、城田あや
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。