• 文字サイズ

トップ > プロレス > プロレス > TNAヘビー級挑戦へ!KAIが師匠・浜口氏に奪取誓う

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TNAヘビー級挑戦へ!KAIが師匠・浜口氏に奪取誓う
2014年02月16日 16時00分

船木誠勝(下)にスプラッシュプランチャを放つKAI

 TNA世界ヘビー級王座には、スランプから脱出したKAI(30)が挑戦する。

 

 KAIは、WRESTLE―1(W―1)15日の東京・後楽園ホール大会での挑戦者決定ワンデー・トーナメントの初戦で田中稔と対戦。シングル2連敗中の難敵をLAT(垂直落下式変型バスター)で下し、ついに今年初勝利を飾った。

 

 決勝では、中之上靖文を一蹴した船木誠勝(44)と激突した。KAIは稔戦で大ダメージを負った左腕をテーピングで固定。

 

 関節技のスペシャリストの船木に集中砲火を浴びて劣勢に立たされが、師匠であるアニマル浜口氏直伝の気合で立ち向かった。

 

 船木のハイブリッドブラスターを強引にみちのく弾で突き刺し、怒とうの反撃に転じる。最後は必殺のスプラッシュプランチャで、値千金の一勝をもぎ取った。

 

 長いトンネルから脱出したKAIは「両国のメーンでTNA世界ヘビーを取ります。(12日に浜口氏と再会したことが)大きかった。俺には浜口ジムの血が流れてる。ベルトを手に報告? それはもう真っ先に」と決意を新たにした。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
アンカツ&本紙舘林らが「天皇賞・秋」をテーマに大討論会!
10・31ニコ生「東スポ×競馬ラボ」で編集不可能な過激トークバトル展開?

【スーパージョッキーズトライアル】高知・赤岡修次が激戦を制し総合V
第2ステージが10月23日、名古屋競馬場で行われ、高知の赤岡がワールドスーパージョッキーズシリーズの出場切符を手にした。

元フジアナ・長谷川豊「すべてお話ししますがなにか?」
“女子アナセクハラ被害”を激白した元フジテレビアナ・長谷川豊がマイクをペンに持ち替えて、女子アナたちの嘔吐事件、不仲疑惑、未成年アイドルとの飲酒騒動など“とくダネ”大放出!


おすすめコンテンツ
自らの秘められた過去を暴露した理由を、遠野自身が解き明かす

様々なテーマとスタイルで小蜜があなたを骨抜きにします!

今回は、本紙で報じた「“人魚”捕獲は日本海大地震兆候か」。

次回は「下関SGチャレンジカップ」

新着フォト
東スポ動画
WWEの「ザ・ロック」ことドウェイン・ジョンソン(42)が主演映画「ヘラクレス」のジャパンプレミアのため12年ぶりに来日した。
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。