• 文字サイズ

トップ > プロレス > プロレス > 洋央紀&柴田「合体リバース牛殺し」完成

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

洋央紀&柴田「合体リバース牛殺し」完成


合体技のリバース牛殺しを完成させた後藤(左)と柴田(右)

 新日本プロレス2月9日の広島大会で初タッグを結成する後藤洋央紀(34)と柴田勝頼(34)が28日、合同特訓を敢行した。三重・桑名工業高校レスリング部時代以来の“コンビ復活”となる2人は、初陣に向け「合体リバース牛殺し」をはじめとした3つの合体・連係技を開発。2月11日大阪大会でIWGPヘビー級王者オカダ・カズチカ(26)に挑戦する後藤にとって大きな追い風となりそうだ。

 

 広島決戦で2人はオカダ、YOSHI―HASHI組と対戦する。後藤にとっては、2日後の大阪大会に控えるIWGP戦に向けた大事な前哨戦でもある。

 

 1・4東京ドーム大会で激闘を繰り広げた2人が、プロのリングでタッグを結成するのは今回が初めてだ。とはいえ「高校時代は部室でよく組んだ。後輩たちにとっては最低最悪のタッグ」と2人が口を揃えて豪語する通り、この日の合同特訓ではあうんの呼吸で次々と連係技が繰り出された。

 

 まずはヤングライオン・小松洋平を実験台にして、合体リバース牛殺しを試し切り。あまりの威力に、あわれ小松は約1時間身動きが取れなくなった…。その後も、後藤の牛殺しから柴田のフットスタンプ、そのまま後藤がキャメルクラッチで捕らえ、柴田が低空ドロップキックを顔面に打ち込む鮮やかな連係を披露する。さらに後藤のジャイアントスイングと柴田の顔面蹴りの合体技も完成。小松の生死が危うくなってきたところで特訓は終了した。

 

 柴田は「意思の疎通というか、お互いの理解も早い。これ1回で終わったら、新日本バカでしょ」とタッグ継続をアピール。もちろん広島決戦でオカダを撃破することによって、盟友・後藤のIWGP奪取に弾みをつけるつもりだ。「できる限りの手助けはする。アシストだけじゃ終わらないかもしれないけど」と、大阪決戦のセコンドにつくことを明言した。

 

 後藤も「これ以上ない心強いパートナー。今日やったもの以外にも、当日までいろいろ増えると思う。オカダも前ほどパッとしないし、秘策はある」とキッパリ。比類なき強い絆が、盤石のレインメーカー政権を打ち砕く。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【GⅢ瑞峰立山賞争奪戦】牛山貴広が記念初優勝
牛山貴広が直線差し切って記念初優勝をつかんだ!

【とこなめGⅡモーターボート大賞】山田康二がGII初制覇!
山田康二が得意のとこなめでイン逃げを決めて優勝を飾った。

【連載】酔っ払った姿がかわいすぎる“飲みカワ”アイドル中村静香
お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)


おすすめコンテンツ
園田FCスプリント(29日、園田競馬場)

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース鳴門・SG「グランドチャンピオン」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。