• 文字サイズ

トップ > プロレス > プロレス > GHCタッグ奪取の森嶋「超危暴軍」を旗揚げ

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

GHCタッグ奪取の森嶋「超危暴軍」を旗揚げ


GHCタッグまで奪取した森嶋は「超危暴軍」のチーム名も発表。左から大原、谷口、森嶋、拳王

 GHCヘビー級王者の森嶋猛(35)が、25日の大阪大会でGHCタッグ王座も奪取。2003年の小橋建太(46)以来となる史上2人目のヘビー級王座独占を果たした。

 

 快挙を成し遂げた瞬間、場内は怒号とブーイングに包まれた。マイバッハ谷口とともにタッグ王者のTMDK(マイキー・ニコルス、シェイン・ヘイスト組)に挑んだ森嶋は場外でイス攻撃を見舞う。さらにセコンドに従えた拳王、直前に加入した大原はじめを介入させる。

 

 結局、マイバッハがニコルスをテーブルへの断崖式チョークスラムでKOすると、森嶋は孤立したヘイストを岩石落としで仕留めた。

 

 1か月もかからずヘビー級のシングルとタッグ王座を手中にし、新メンバーも獲得した森嶋はユニット名を「超危暴軍(ちょうきぼうぐん)」と命名。「かかってきなさい!!」と連呼した。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【GⅠ浜名湖賞】柳沢一が4度目のGⅠ制覇!
柳沢一が2コースからまくりを決めて優勝!

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

【サマーナイトフェスティバル】新田祐大が渡辺一成とワンツー決めて“夜王”戴冠
新田祐大が豪快なまくりで制覇。高松宮記念杯に続くビッグレース連続優勝を決めた。


おすすめコンテンツ
金沢スプリントカップ(7月25日=金沢競馬場)

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

キアヌ演じる伝説の殺し屋が“1分1殺”以上の勢いで大暴れ

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は芦屋ボート・プレミアムGIレディースチャンピオンシップ

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。