• 文字サイズ

トップ > プロレス > プロレス > GHCタッグ奪取の森嶋「超危暴軍」を旗揚げ

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

GHCタッグ奪取の森嶋「超危暴軍」を旗揚げ
2014年01月27日 16時00分

GHCタッグまで奪取した森嶋は「超危暴軍」のチーム名も発表。左から大原、谷口、森嶋、拳王

 GHCヘビー級王者の森嶋猛(35)が、25日の大阪大会でGHCタッグ王座も奪取。2003年の小橋建太(46)以来となる史上2人目のヘビー級王座独占を果たした。

 

 快挙を成し遂げた瞬間、場内は怒号とブーイングに包まれた。マイバッハ谷口とともにタッグ王者のTMDK(マイキー・ニコルス、シェイン・ヘイスト組)に挑んだ森嶋は場外でイス攻撃を見舞う。さらにセコンドに従えた拳王、直前に加入した大原はじめを介入させる。

 

 結局、マイバッハがニコルスをテーブルへの断崖式チョークスラムでKOすると、森嶋は孤立したヘイストを岩石落としで仕留めた。

 

 1か月もかからずヘビー級のシングルとタッグ王座を手中にし、新メンバーも獲得した森嶋はユニット名を「超危暴軍(ちょうきぼうぐん)」と命名。「かかってきなさい!!」と連呼した。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【富山GⅢ瑞峰立山賞争奪戦】動画コンテンツを配信
28日に富山競輪場で開幕した「開設63周年記念 瑞峰立山賞争奪戦(GⅢ)」。注目選手のインタビュー、推奨レース予想を動画で配信します。

元フジアナ・長谷川豊「すべてお話ししますがなにか?」
“女子アナセクハラ被害”を激白した元フジテレビアナ・長谷川豊がマイクをペンに持ち替えて、女子アナたちの嘔吐事件、不仲疑惑、未成年アイドルとの飲酒騒動など“とくダネ”大放出!

【連載】遠野なぎこ「ぶっちゃけた理由」アーカイブ
出会って2か月で再婚し55日でスピード離婚した遠野なぎこが再婚前に七股交際歴や両親からの虐待など「秘められた過去」を暴露した理由とは? 本紙連載で大好評だった衝撃コラムを公開――。(全19回)


おすすめコンテンツ
競馬初心者(20歳以上)の12組24人を募集します。

様々なテーマとスタイルで小蜜があなたを骨抜きにします!

今回は、本紙で報じた「“人魚”捕獲は日本海大地震兆候か」。

今回は若松SGボートレースメモリアル(開催中)

新着フォト
東スポ動画
昨年2月、卵巣に境界悪性腫瘍が見つかり卵巣と子宮を全摘出。AVを含む一切の活動を一時休止し、その後は抗がん剤治療も受けた麻美ゆまが、東京スポーツ新聞社を訪れ、すっかり元気になった姿を披露した。
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。