• 文字サイズ

トップ > プロレス > プロレス > 大日関本が再欠場 ストロングBJ王座返上

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大日関本が再欠場 ストロングBJ王座返上
2014年01月19日 16時00分

 大日本プロレスの関本大介が、右ヒザ半月板損傷により“再欠場”することが18日に発表された。


 関本は昨年12月29日の後楽園大会で同箇所を負傷。1月11日から強行復帰を果たしていた。だが13日のレジェンド後楽園大会で右ひざの状態が悪化してしまったという。改めて検査を受けたところ、手術が必要との診断を受け、再び欠場を余儀なくされた。手術は23日に行われる。


 これにより関本は保持していたストロングBJ王座を返上する。防衛戦が予定されていた2月7日の後楽園大会では、岡林裕二と石川晋也による新王者決定戦が行われることになった。何の因果かこれで同王座の歴代王者である佐々木義人、征矢学、関本と、全員が戦線離脱という呪われたかのような状況となった…。


 また関本はノア25日大阪大会で岡林と組みGHCタッグ王者のシェイン・ヘイスト、マイキー・ニコルス組への挑戦を控えていたが、こちらも当然白紙。「本当に情けないというか、自分であれだけ言っていて…。なかなかGHCのチャンスをもらえる機会もないので」と肩を落とした。


 復帰までは最低でも6週間を要する見込みだ。昨年はプロレス大賞敢闘賞を受賞する獅子奮迅の活躍を見せたが、一転して苦境に追い込まれた関本。「ファンの期待を裏切ってしまった。今は治すことに集中して、復帰したらいいプロレスをして失った信頼を取り戻したい」と声を絞り出した。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【スーパージョッキーズトライアル】鮫島&吉原 本戦出場決定!
本戦に先駆け20日、佐賀競馬場で行われた「ワイルドカード」は、地元・鮫島克也が優勝。準優勝の吉原寛人とともに本戦出場を決めた。

【前橋GIオールスター競輪】武田が5回目のGI優勝
15日、前橋競輪場で「第57回オールスター競輪(GI)」決勝が行われ、武田豊樹(40)が3番手まくりを決めて優勝。2012年12月競輪祭以来、5回目のGI優勝を手にした。

総勢140人以上!ゲームショウの美人コンパニオンを大特集
 ゲームの祭典「TOKYO GAME SHOW2014」が18日、千葉・幕張メッセで開幕した。東スポWebではイベントの華である各ブースのコンパニオンを140人以上を特集!


おすすめコンテンツ
自らの秘められた過去を暴露した理由を、遠野自身が解き明かす

様々なテーマとスタイルで小蜜があなたを骨抜きにします!

今回は、本紙で報じた「“人魚”捕獲は日本海大地震兆候か」。

“女子アナセクハラ被害”を激白した元フジテレビアナ・長谷川豊が女子アナの“とくダネ”大放出!

今回は戸田ヤングダービー(23日開幕)

新着フォト
東スポ動画
昨年2月、卵巣に境界悪性腫瘍が見つかり卵巣と子宮を全摘出。AVを含む一切の活動を一時休止し、その後は抗がん剤治療も受けた麻美ゆまが、東京スポーツ新聞社を訪れ、すっかり元気になった姿を披露した。
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。