• 文字サイズ

トップ > プロレス > プロレス > 武藤W―1が来年大勝負「年4回両国」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

武藤W―1が来年大勝負「年4回両国」
2013年12月15日 16時00分

自身の等身大パネルの前で指を4本立てる武藤敬司。来年4度の両国国技館進出を目指す

 WRESTLE―1(W―1)を率いる武藤敬司(50)が社運をかけた大勝負に打って出る。2014年は東京・両国国技館大会を4度開催すると誓った。

 

 9月8日に旗揚げ戦を行ったW―1は、来年3月2日に早くも両国初進出を果たす。しかし、これは序章に過ぎなかった。武藤は「俺なりにリサーチした限り、今のところ評判はすこぶるいい。そろそろ準備期間は終わり。両国がスタートだよ。来年はドン、ドン、ドン、ドンと行く。年4回の両国? そうだよ。そのためにまず、1発目をクリアしないといけない」と宣言した。

 

 これまでは背伸びをし過ぎない“安全運転”に終始してきたが、来年は一転して攻めに転じる。旗揚げ半年で大規模会場に打って出るのは、当然リスクが伴う。その全責任はW―1運営会社社長である武藤に降りかかる。武藤は百も承知だが、無謀とも思える3か月に一度のペースで両国大会開催を目指すのには武藤流の計算があった。

 

「日本はやっぱり東京に人口が集まってる。両国で通用しなきゃ全国で通用しないよ。逆を言えば、東京がうまくいけばそれが全国に広がる。それに目標がない方がつらい。どこに向かって努力すればいいのか分からないからさ」

 

 確かに首都圏のビッグマッチは地方と比べて注目度も高まる。波及効果の半面、大失敗すれば破滅を招きかねないが、武藤にとっては身を削る独自の狙いがある。

 

「マッチメーク? 発表するかは分からない。まだ固まってもない」。来年でデビュー30周年を迎える武藤が人生をかけた勝負に出る。

【関連記事】





ピックアップ
【ボートレース】まるがめSG「オーシャンカップ」吉田拡郎がSG初優勝
1号艇の吉田拡郎(岡山)が、インから逃げ切りSG初優勝を飾った。

【弥彦GI寬仁親王牌】深谷が優勝
深谷が2011年6月高松宮記念杯以来2個目のタイトル奪取!

サッカーW杯ブラジル大会
ドイツが延長戦でアルゼンチンを下し、1990年W杯イタリア大会以来24年ぶりの優勝を飾った。


おすすめコンテンツ
自らの秘められた過去を暴露した理由を、遠野自身が解き明かす

様々なテーマとスタイルで小蜜があなたを骨抜きにします!

今回は、本紙で報じた「東京スポーツ映画大賞」。

“女子アナセクハラ被害”を激白した元フジテレビアナ・長谷川豊が女子アナの“とくダネ”大放出!

次回は「若松SGボートレースメモリアル(MB記念)」(8月26日開幕)

新着フォト
東スポ動画
昨年2月、卵巣に境界悪性腫瘍が見つかり卵巣と子宮を全摘出。AVを含む一切の活動を一時休止し、その後は抗がん剤治療も受けた麻美ゆまが、東京スポーツ新聞社を訪れ、すっかり元気になった姿を披露した。
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。