• 文字サイズ

トップ > プロレス > プロレス > 武藤W―1が来年大勝負「年4回両国」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

武藤W―1が来年大勝負「年4回両国」


自身の等身大パネルの前で指を4本立てる武藤敬司。来年4度の両国国技館進出を目指す

 WRESTLE―1(W―1)を率いる武藤敬司(50)が社運をかけた大勝負に打って出る。2014年は東京・両国国技館大会を4度開催すると誓った。

 

 9月8日に旗揚げ戦を行ったW―1は、来年3月2日に早くも両国初進出を果たす。しかし、これは序章に過ぎなかった。武藤は「俺なりにリサーチした限り、今のところ評判はすこぶるいい。そろそろ準備期間は終わり。両国がスタートだよ。来年はドン、ドン、ドン、ドンと行く。年4回の両国? そうだよ。そのためにまず、1発目をクリアしないといけない」と宣言した。

 

 これまでは背伸びをし過ぎない“安全運転”に終始してきたが、来年は一転して攻めに転じる。旗揚げ半年で大規模会場に打って出るのは、当然リスクが伴う。その全責任はW―1運営会社社長である武藤に降りかかる。武藤は百も承知だが、無謀とも思える3か月に一度のペースで両国大会開催を目指すのには武藤流の計算があった。

 

「日本はやっぱり東京に人口が集まってる。両国で通用しなきゃ全国で通用しないよ。逆を言えば、東京がうまくいけばそれが全国に広がる。それに目標がない方がつらい。どこに向かって努力すればいいのか分からないからさ」

 

 確かに首都圏のビッグマッチは地方と比べて注目度も高まる。波及効果の半面、大失敗すれば破滅を招きかねないが、武藤にとっては身を削る独自の狙いがある。

 

「マッチメーク? 発表するかは分からない。まだ固まってもない」。来年でデビュー30周年を迎える武藤が人生をかけた勝負に出る。

【編集部のおすすめ】
【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【瑞峰立山賞争奪戦】富山競輪場で24日開幕!
注目選手のインタビュー、本紙記者の推奨レース予想を動画で配信します。

【高松宮記念杯競輪】新田祐大が連覇達成!
新田祐大が連覇で4回目のGI優勝を飾った。

【とこなめGⅡモーターボート大賞】山田康二がGII初制覇!
山田康二が得意のとこなめでイン逃げを決めて優勝を飾った。


おすすめコンテンツ
石川ダービー(6月20日=金沢競馬場)

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース鳴門・SG「グランドチャンピオン」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。