• 文字サイズ

トップ > プロレス > プロレス > オカダ・カズチカが2年連続「プロレス大賞」MVP!25年ぶりの快挙

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オカダ・カズチカが2年連続「プロレス大賞」MVP!25年ぶりの快挙
2013年12月10日 06時00分

 今年で40回目を迎えた東京スポーツ新聞社制定「2013年度プロレス大賞」選考委員会が9日、東京・江東区の東京スポーツ新聞社・会議室で開かれ、「最優秀選手賞」(MVP)はオカダ・カズチカ(26=新日本プロレス)が2年連続2度目の受賞を果たした。同賞の連続受賞は1986~88年の天龍源一郎以来25年ぶりの快挙だ。

「年間最高試合」(ベストバウト)は新日プロ8月4日の大阪・ボディメーカーコロシアム大会で行われたG1クライマックス公式戦、中邑真輔VS飯伏幸太が選ばれた。

 また、9月のレスリング世界選手権(ハンガリー・ブダペスト)で優勝した女子3選手、48キロ級の登坂絵莉(20=至学館大)、55キロ級の吉田沙保里(31=ALSOK)、63キロ級の伊調馨(29=ALSOK)には「レスリング特別表彰」が贈られる。

 授賞式は来年1月9日に東京都内のホテルで行われる。

 

「2013年度プロレス大賞」関連記事

 MVPオカダ「東スポはそろそろ殿堂入り検討してください」

【プロレス大賞年間最高試合賞】天才2人の技術比べがベストバウト

【プロレス大賞最優秀タッグ】ハンセン、ベイダー組に並んだTMDK

【プロレス大賞殊勲賞】激動ノアを牽引したKENTA

【プロレス大賞技能賞】「積み重ね」評価された吉野

【プロレス大賞敢闘賞】186試合戦った新・鉄人が初受賞

【プロレス大賞新人賞】可能性は無限大!高校生レスラー竹下

【プロレス大賞特別功労賞】小橋神妙「偉大な先輩と名前並んだ」

【プロレス大賞】レスリング特別表彰に女子3選手

【プロレス大賞選考総括】「世代交代」印象付けた今年の選考

内館牧子特別選考委員の総評

プロレス大賞全日勢ゼロ…諏訪魔の胸中

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【スーパージョッキーズトライアル】鮫島&吉原 本戦出場決定!
本戦に先駆け20日、佐賀競馬場で行われた「ワイルドカード」は、地元・鮫島克也が優勝。準優勝の吉原寛人とともに本戦出場を決めた。

【前橋GIオールスター競輪】武田が5回目のGI優勝
15日、前橋競輪場で「第57回オールスター競輪(GI)」決勝が行われ、武田豊樹(40)が3番手まくりを決めて優勝。2012年12月競輪祭以来、5回目のGI優勝を手にした。

総勢140人以上!ゲームショウの美人コンパニオンを大特集
 ゲームの祭典「TOKYO GAME SHOW2014」が18日、千葉・幕張メッセで開幕した。東スポWebではイベントの華である各ブースのコンパニオンを140人以上を特集!


おすすめコンテンツ
自らの秘められた過去を暴露した理由を、遠野自身が解き明かす

様々なテーマとスタイルで小蜜があなたを骨抜きにします!

今回は、本紙で報じた「“人魚”捕獲は日本海大地震兆候か」。

“女子アナセクハラ被害”を激白した元フジテレビアナ・長谷川豊が女子アナの“とくダネ”大放出!

今回は戸田ヤングダービー(23日開幕)

新着フォト
東スポ動画
昨年2月、卵巣に境界悪性腫瘍が見つかり卵巣と子宮を全摘出。AVを含む一切の活動を一時休止し、その後は抗がん剤治療も受けた麻美ゆまが、東京スポーツ新聞社を訪れ、すっかり元気になった姿を披露した。
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。