• 文字サイズ

トップ > プロレス > プロレス > KENSOの“王道破壊革命”進行中

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

KENSOの“王道破壊革命”進行中
2013年12月06日 16時00分

KENSO(左)とブラウン

 変人・KENSO(39)が5日、全日本プロレスの王道を否定する“DK革命”の断行をブチ上げた。

 

 この体たらくも“狙い通り”ということか。KENSOはディーロ・ブラウンとのコンビで「世界最強タッグ決定リーグ戦」に出場しているが、これまで1勝4敗と低迷。勝ち点2はジュニアの鈴木鼓太郎、青木篤志組と並ぶ最下位となり、前半戦で早々とV戦線から脱落した。黒星の中には相手を痛めつけることだけが目的の反則負けなどもあり、ハナから勝負を度外視した印象が強い。

 

 KENSOは「俺がやりたいことはリーグ戦をかき回すこと。世の中に絶対はない。プロレスに王道なんかないんだ」と40年の歴史を誇る暮れの祭典に泥を塗る、いわば“会心”のビリであることを強調。KENSO組との公式戦を残す曙、金丸義信組(6日、新潟)と秋山準、大森隆男組(7日、富山)は何とも厄介だ。

 

 蝶野正洋、ブラウン、バンビ・キラーと結成したチームは「ダーク・キングダム」と命名。このリーグ戦を皮切りに、王道マットの固定概念を覆す破壊工作を繰り広げるという。「DK革命だ。来年はえらいことが起こっているぞ」とKENSOはやけに自信たっぷりの表情で予言した。

 

 盟友となった蝶野にはエースの諏訪魔から追放指令が下された。だが“暗闇帝国”のボス・KENSOは「俺は潮﨑を追放する」と自分に関係ないことは無関心で、代わりに抗争中の潮﨑にまたまた因縁をふっかけた。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【向日町GⅢ平安賞】動画コンテンツを配信
前検から最終日まで、注目選手のインタビューと推奨レース予想を動画で配信。

【弥彦GI寬仁親王牌】深谷が優勝
深谷が2011年6月高松宮記念杯以来2個目のタイトル奪取!

【連載】遠野なぎこ「ぶっちゃけた理由」アーカイブ
出会って2か月で再婚し55日でスピード離婚した遠野なぎこが再婚前に七股交際歴や両親からの虐待など「秘められた過去」を暴露した理由とは? 本紙連載で大好評だった衝撃コラムを公開――。(全19回)


おすすめコンテンツ
様々なテーマとスタイルで小蜜があなたを骨抜きにします!

今回は、本紙で報じた「東京スポーツ映画大賞」。

ドイツが1990年W杯イタリア大会以来24年ぶりの優勝を飾った。

“女子アナセクハラ被害”を激白した元フジテレビアナ・長谷川豊が女子アナの“とくダネ”大放出!

吉田拡郎(岡山)がインから逃げ切りSG初優勝を飾った。

三国GⅠ:レディースチャンピオン(8月5日開幕)

新着フォト
東スポ動画
昨年2月、卵巣に境界悪性腫瘍が見つかり卵巣と子宮を全摘出。AVを含む一切の活動を一時休止し、その後は抗がん剤治療も受けた麻美ゆまが、東京スポーツ新聞社を訪れ、すっかり元気になった姿を披露した。
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。