• 文字サイズ

トップ > プロレス > プロレス > ヤンキー二丁拳銃が最侠タッグ連覇

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヤンキー二丁拳銃が最侠タッグ連覇
2013年11月23日 16時00分

場外のオースギと千賀に、木高との連携でダイビングボディプレスを放つ宮本

 大日本プロレス「最侠タッグリーグ戦」決勝大会が22日、後楽園ホールで行われ、ヤンキー二丁拳銃こと木高イサミ(32)、宮本裕向(31)組が2連覇を飾った。

 

 王者コンビはデスマッチルールによる塚本拓海、竹田誠志組との準決勝を突破。同時にBJW認定タッグ王座防衛に成功した。決勝では2年前の優勝チーム・関本大介、岡林裕二組から殊勲の星を挙げたツトム・オースギ、ヘラクレス千賀組と激突した。

 

 木高は頭部や背中の流血が止まらないまま出撃。それでも決勝にも王座をかけた以上、意地でも負けられない。敵軍を分断すると宮本がオースギに旋廻式ファイヤーサンダーを脳天から突き刺し、完璧な3カウントを奪った。

 

 連覇とともに一夜にして2度の防衛を重ね、更新中の最多防衛記録もV14まで伸ばした。タッグ王座を奪取したのは今年1月2日。8月にはDDTのKO―Dタッグ王座も獲得し、木高は11・4横浜大会でBJW認定デスマッチヘビー級王座も奪い取った。

 

 もはやインディ界で敵なし。だが、公式戦で敗れたオースギ組とはこれで1勝1敗。宮本は「もう1回タイトルマッチをやろう」と決着戦を申し込んだ。くしくもこの日は「いい夫婦の日」。王者組はリング上で人目もはばからずに男同士で熱い(?)口づけを交わし、絆を再確認した。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【薬物逮捕】清原容疑者の転落と闇
球界はもとより各方面に衝撃が広がった清原容疑者逮捕。東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

【SMAP解散】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【ベッキー】不倫略奪疑惑でタレント生命の危機
“スキャンダル処女”で好感度も高かったベッキーが大ピンチ、ついに「休業」を発表した。


おすすめコンテンツ
セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

巨人とロッテで活躍。両チームで指導者も務めた山本功児氏が、その半生を振り返る(全27回)

マイクをペンに持ち替えて、女子アナたちの不仲疑惑、未成年アイドルとの飲酒騒動などを大放出!

自らの秘められた過去を暴露した理由を、遠野自身が解き明かす

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

次回はボートレースクラシック

18〜23歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2016」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。