• 文字サイズ

トップ > プロレス > プロレス > 武藤 タイトル挑戦“生涯凍結”

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

武藤 タイトル挑戦“生涯凍結”
2013年11月21日 16時00分

武藤は王座挑戦から撤退?

 WRESTLE―1(W―1)の武藤敬司(50)が、タイトル挑戦を“生涯凍結”する姿勢を打ち出した。

 

 W―1の新シリーズは16日に東京・後楽園ホールで開幕。武藤の化身であるグレート・ムタにあこがれるTNA世界ヘビー級王者のAJスタイルズが初参戦し、真田聖也の挑戦を退けた。王者からムタとの防衛戦を熱望された武藤だが、現存する全ベルトの獲得に消極的だった。

 

「名前を挙げてくれたのはうれしいよ。でも、仮にベルトを取っても防衛戦をやりたくない。そもそもベルトを磨く作業は、もう俺にはおっくうだよ。肉体的にも精神的にも」

 

 四半世紀前の米国WCWで大活躍したムタに触発されてプロレスラーを志した外国人選手は数多い。だが、武藤も来年でデビュー30周年。すでに満身創痍で旗揚げから2か月のW―1でも試合数も限定中だ。王者になれば王座の価値を高める使命がつきまとう。もはや武藤にとってベルトは重荷でしかない。

 

 例外として意欲をみせたのは“お笑いベルト”。「唯一欲しいのは、新たに作るか作らないか分からないF―1タッグベルト。(テレビCMキャラクターの)バッハ武藤で出たい」。F―1王座とは、タレントとコンビを組んでリング上でネタを披露しつつ一応試合もする形式。武藤が純粋なプロレス王座を取る気力はなさそうだ。

 

 武藤は2001年に史上初の6冠王(3冠ヘビー級、世界タッグ、IWGPタッグ)にも君臨。額面通りに受け取れば、昨年3月に古巣の全日マットで当時の3冠王者・秋山準に挑んだ一戦が人生最後の王座戦となる。武藤のベルト姿はもう見られないのか。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
元フジアナ・長谷川豊「すべてお話ししますがなにか?」
マイクをペンに持ち替えて、女子アナたちの不仲疑惑、未成年アイドルとの飲酒騒動などを大放出!

岸和田GⅠ「第66回高松宮記念杯競輪」
武田が地元・近畿ラインを粉砕 6回目のGI優勝

麻美ゆま 連載「HAPPY&SMILE」
セクシー女優・麻美ゆまがAVのこと、病気のことなど、赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解に担当記者のコラムを掲載

推定患者600万人! 症状・対処法は…

現役フリーアナが、運命の人を探し出す!

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

週末のレースに向けて行われている、デスクとスタッフのナイショ話

自らの秘められた過去を暴露した理由を、遠野自身が解き明かす

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

次回は「SGオーシャンカップ」

新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2015」グランプリは璃乃、星優姫、城田あや
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。