• 文字サイズ

トップ > プロレス > プロレス > 宮原健斗まさかのVM無血脱退

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

宮原健斗まさかのVM無血脱退
2013年11月16日 16時00分

VMからの脱退が決まった宮原。左から“brother”YASSHI、宮原、TARU、拳剛

 フリーとして活動中の宮原健斗(24)が14日、懲罰なしという特例措置で極悪軍団ブードゥー・マーダーズ(VM)からの脱退が正式決定した。

 

 宮原は9月に佐々木健介率いるダイヤモンドリングを退団し、一匹狼となって主戦場を全日本プロレスに移した。2月に電撃加入したVM軍からも、この日をもって離れることとなった。宮原は「抜けようが体にはVMの血が流れてる。それをリング上で発揮する」とVM軍に感謝しきりだ。

 

 円満にユニットから卒業する光景はよく見られるが、VM軍の場合は異例中の異例。離脱者や裏切り者にはストーカーのごとく付きまとい、軍団総出で仁義なき集団暴行を加える「血の制裁」が鉄則だったからだ。

 

 VM軍の象徴・TARU(49)は「ヒールユニットの肩書を背負うと何かとやりにくいところもある。VMを踏み台としてメジャーどころを制覇してほしい。オキテも作りましたが、意思を尊重したい。邪魔はしない」。

 

 聞き慣れないTARUの丁寧語も不気味だが、VM名物の懲罰や血の制裁を与えないのは宮原への期待の表れだ。宮原は仲間たちのゲキに応えるしかない。

【関連記事】





ピックアップ
元プロレスラー小橋建太がBSフジ「馬キュン!」で皐月賞予想公開
独特の予想のほかにも現役時代をほうふつとさせる逆水平チョップを豪快に披露!

元フジアナ・長谷川豊「すべてお話ししますがなにか?」
“女子アナセクハラ被害”を激白した元フジテレビアナ・長谷川豊がマイクをペンに持ち替えて、女子アナたちの嘔吐事件、不仲疑惑、未成年アイドルとの飲酒騒動など“とくダネ”大放出!

第23回東京スポーツ映画大賞授賞式
「第23回東京スポーツ映画大賞」「第14回ビートたけしのエンターテインメント賞」(ビートたけし審査委員長=67)の授賞式が盛大に行われた。


おすすめコンテンツ
様々なテーマとスタイルで小蜜があなたを骨抜きにします!

今回は、2月16日付本紙で報じた「消えたネッシーの謎」。

スグに働きたい、高収入を得たい、住み込みで働きたい… 「東スポ求人」ならきっと希望の仕事が見つかるはず!

『東スポ×競馬ラボ』安藤勝己・春のGI桜まつりで桜花賞を徹底討論

新着フォト
東スポ動画
昨年2月、卵巣に境界悪性腫瘍が見つかり卵巣と子宮を全摘出。AVを含む一切の活動を一時休止し、その後は抗がん剤治療も受けた麻美ゆまが、東京スポーツ新聞社を訪れ、すっかり元気になった姿を披露した。
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。