• 文字サイズ

トップ > プロレス > プロレス > 木高が史上最軽量デスマッチ王者

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

木高が史上最軽量デスマッチ王者
2013年11月05日 16時00分

史上最軽量デスマッチ王者となった木高

 大日本プロレスの神奈川・横浜文化体育館大会(4日)で、木高イサミ(32)がBJW認定デスマッチヘビー級王者・石川修司(38)を撃破。45キロの体重差をハネ返し、史上最軽量王者となった。

 

 蛍光灯の破片が無数に散らばる地獄の金網リングで勝ち名乗りを受けたのは体格面で圧倒的に不利の木高(172センチ、75キロ)だった。石川よりも身長が23センチ低く、体重に至っては45キロも軽い。力技では歯が立たない木高は頭脳と捨て身戦術で対抗だ。

 

 かんぬき状態で頭突きを連打された木高は、低身長を武器に頭突きをアゴにかち上げて逆襲。そして、高さ約3メートルの金網の最高地点からダブルニードロップで急降下する決死ダイブを決め、勇脚・斬(トラースキック)の連発で仕留めた。

 

 大日プロ年内最後の最大興行でユニオン所属同士による決闘を制した木高には、観客席から「ユニオン」コールが大爆発。至宝奪還を直訴した塚本拓海(22)を次期挑戦者に認め、木高は「感無量です。このベルトはデスマッチの金メダル」と充実の表情で血と汗を拭った。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
アンカツ&本紙舘林らが「天皇賞・秋」をテーマに大討論会!
10・31ニコ生「東スポ×競馬ラボ」で編集不可能な過激トークバトル展開?

【スーパージョッキーズトライアル】高知・赤岡修次が激戦を制し総合V
第2ステージが10月23日、名古屋競馬場で行われ、高知の赤岡がワールドスーパージョッキーズシリーズの出場切符を手にした。

元フジアナ・長谷川豊「すべてお話ししますがなにか?」
“女子アナセクハラ被害”を激白した元フジテレビアナ・長谷川豊がマイクをペンに持ち替えて、女子アナたちの嘔吐事件、不仲疑惑、未成年アイドルとの飲酒騒動など“とくダネ”大放出!


おすすめコンテンツ
自らの秘められた過去を暴露した理由を、遠野自身が解き明かす

様々なテーマとスタイルで小蜜があなたを骨抜きにします!

今回は、本紙で報じた「“人魚”捕獲は日本海大地震兆候か」。

次回は「下関SGチャレンジカップ」

新着フォト
東スポ動画
WWEの「ザ・ロック」ことドウェイン・ジョンソン(42)が主演映画「ヘラクレス」のジャパンプレミアのため12年ぶりに来日した。
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。