• 文字サイズ

トップ > プロレス > プロレス > 秋山がバーニング解体し大森と新タッグ

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

秋山がバーニング解体し大森と新タッグ
2013年10月24日 16時00分

バーニングの解体を表明した秋山(上)

 往年のアジアコンビが復活する。全日本プロレスの秋山準(44)が23日、バーニングの解体を表明。大森隆男(44)と新タッグを結成して「世界最強タッグリーグ戦」(11月30日、大阪で開幕)に臨むことになった。

 

 潔い決断だ。22日の新潟大会で諏訪魔、ジョー・ドーリング組に敗れて世界タッグ王座から陥落した秋山はこの日の高岡大会で「アイツ(潮﨑)には自分の道を行きたいという考えがある。アイツが決めればいい。僕はアイツらの壁になる。バーニングは解体ですね」と、潮﨑豪とのコンビ解消を告げた。

 

 すでに潮﨑は同門の鈴木鼓太郎、青木篤志と今後を話し合っており、潮﨑には一匹狼・宮原健斗も急接近。秋山は一枚岩になりつつある次世代の上昇ムードに水を差すつもりはなく、ならばバーニングを発展的解消し、若手との世代闘争に転じるという。

 

 さらに秋山は新パートナーに「壁と言われるならば同期のアイツだろう。大森隆男」と断言。大森、金丸義信、さらには「全く壁にならないかもしれない」(秋山)という井上雅央とアラフォー軍団を結成する考えを明かした。

 

 秋山と大森は全日マットで1995年から98年までアジアタッグ王座を保持した名コンビで、12度の連続防衛数は力道山、豊登組と並ぶ歴代2位の記録を持つ(1位はアントニオ猪木、吉村道明組のV15)。昨年の「ALL TOGETHER」(2・19仙台)で小橋建太、武藤敬司組の相手として一夜限りのコンビを結成したが、本格的タッグ結成は実に15年ぶりとなる。

 

 大森は「秋山選手からの歩み寄りは正面から受け止める」と快諾。全日マットが面白くなってきた。

【関連記事】





ピックアップ
【ボートレース】まるがめSG「オーシャンカップ」吉田拡郎がSG初優勝
1号艇の吉田拡郎(岡山)が、インから逃げ切りSG初優勝を飾った。

【弥彦GI寬仁親王牌】深谷が優勝
深谷が2011年6月高松宮記念杯以来2個目のタイトル奪取!

サッカーW杯ブラジル大会
ドイツが延長戦でアルゼンチンを下し、1990年W杯イタリア大会以来24年ぶりの優勝を飾った。


おすすめコンテンツ
自らの秘められた過去を暴露した理由を、遠野自身が解き明かす

様々なテーマとスタイルで小蜜があなたを骨抜きにします!

今回は、本紙で報じた「東京スポーツ映画大賞」。

“女子アナセクハラ被害”を激白した元フジテレビアナ・長谷川豊が女子アナの“とくダネ”大放出!

次回は「若松SGボートレースメモリアル(MB記念)」(8月26日開幕)

新着フォト
東スポ動画
昨年2月、卵巣に境界悪性腫瘍が見つかり卵巣と子宮を全摘出。AVを含む一切の活動を一時休止し、その後は抗がん剤治療も受けた麻美ゆまが、東京スポーツ新聞社を訪れ、すっかり元気になった姿を披露した。
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。