• 文字サイズ

トップ > プロレス > プロレス > 諏訪魔5冠!27日・両国でダブル防衛戦も

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

諏訪魔5冠!27日・両国でダブル防衛戦も
2013年10月23日 16時00分

ドーリング(左)とともにベルトを掲げる諏訪魔

 3冠ヘビー級王者・諏訪魔(36)がついに5冠王に輝いた。全日本プロレス22日の新潟・三条大会で、諏訪魔はジョー・ドーリング(31)とのコンビで秋山準(44)、潮﨑豪(31)を撃破し、世界タッグ王座を獲得。武藤敬司以来、約12年ぶりに5冠を達成した。王道史に新たな名を刻んだ諏訪魔は、さらなる挑戦を決意。史上初となる3冠・世界タッグ両王座のダブルヘッダー防衛戦を予告した。

 

 全日マット創始者・故ジャイアント馬場さんの故郷で、諏訪魔が夢の扉をこじ開けた。さんぜんと輝く5本のベルト。絶対エースの証しである「5冠王」の称号をついに手にした諏訪魔は「世界タッグのベルトはこんなに重かったのか…。いや~長かった。馬場さんのお膝元で感無量です」と喜びに浸った。

 

 意外なことに、諏訪魔のタッグ王座戴冠は、デビュー10年目にして初めて。協調性に欠ける唯我独尊スタイルが災いし、これまで7度も同王座に挑戦しながらいずれも敗北していた。だが、7月に発進した新生全日のかじ取り役になってからは「かゆいところに手を届かせる作業をしている」と周囲に目を配るようになった。大人になった諏訪魔には和の精神が自然と芽生え、序盤からドーリングと絶妙の連係を披露。タッグで無敵を誇る秋山、潮﨑組を攻め立てた。

 

 合体技も次々に決め、最後は諏訪魔がエプロンで秋山を執念で食い止める間に、ドーリングが潮﨑に必殺レボリューションボム一閃。30分を超える死闘を制した。

 

 大きな壁を突破した諏訪魔は「5冠を取ったのはすごい人ばかり。その名に負けないようにやらなきゃ。ただ歴史を尊重することも大事だけど、新しい全日本の未来を見据えた戦いをする」とキッパリ。さらに「ここまで来たらまた欲も出る。3冠と世界タッグを同時にやったのを見たことがない。次はこれ」と、1日に2つの防衛戦を強行する史上初の“5冠Wヘッダー”をブチ上げた。

 

 諏訪魔は27日の両国国技館大会で曙と3冠防衛戦を控える。年内最終シリーズは恒例の世界最強タッグ決定リーグ戦(11月30日、大阪で開幕)となっており、この野望に打って出るのは早くても来年1月となるが、諏訪魔は本気だ。「まずは横綱に勝たないと。でもスリーパーを2度も決めたし、自信はある」と断言した。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【富山GⅢ瑞峰立山賞争奪戦】金子貴志が7回目の記念V
富山競輪場の「開設63周年記念 瑞峰立山賞争奪戦(GⅢ)」は31日、最終日決勝戦を行い金子貴志(38)が優勝。5月松阪記念以来、通算7回目の記念優勝を手にした。

元フジアナ・長谷川豊「すべてお話ししますがなにか?」
“女子アナセクハラ被害”を激白した元フジテレビアナ・長谷川豊がマイクをペンに持ち替えて、女子アナたちの嘔吐事件、不仲疑惑、未成年アイドルとの飲酒騒動など“とくダネ”大放出!

【連載】遠野なぎこ「ぶっちゃけた理由」アーカイブ
出会って2か月で再婚し55日でスピード離婚した遠野なぎこが再婚前に七股交際歴や両親からの虐待など「秘められた過去」を暴露した理由とは? 本紙連載で大好評だった衝撃コラムを公開――。(全19回)


おすすめコンテンツ
20〜39歳までの独身男女各12人ずつ募集!

競馬初心者(20歳以上)の12組24人を募集します。

様々なテーマとスタイルで小蜜があなたを骨抜きにします!

今回は、本紙で報じた「“人魚”捕獲は日本海大地震兆候か」。

次回は戸田ヤングダービー(9月23日開幕)

新着フォト
東スポ動画
昨年2月、卵巣に境界悪性腫瘍が見つかり卵巣と子宮を全摘出。AVを含む一切の活動を一時休止し、その後は抗がん剤治療も受けた麻美ゆまが、東京スポーツ新聞社を訪れ、すっかり元気になった姿を披露した。
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。