• 文字サイズ

トップ > プロレス > プロレス > 内藤「俺の使命はNEVER復権」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

内藤「俺の使命はNEVER復権」
2013年10月03日 16時00分

ようやくNEVER王座を手に入れた内藤

 新日本プロレスのNEVER無差別級王者・内藤哲也(31)が、ベルトの意義復活へ向けた青写真を明かした。すでに見失われつつあったNEVER王座の設立目的は、来年1・4東京ドーム大会でIWGP挑戦権利証を保持する内藤が巻いたことによりさらに混迷化。新王者はこの事態を自らの手で解消するという。

 

 内藤は9月29日の神戸大会で田中将斗を撃破。プロ入り7年目でついに初のシングル王座を手に入れた。

 

 だが手放しで喜べない複雑な事情がある。そもそも同ベルトの設立目的は「若手の底上げ」だった。ところが内藤が負傷欠場した初代王座決定トーナメント(昨年11月)以降は若手興行「NEVER」の開催そのものがなくなり、王座戦も「田中vs本間朋晃」「田中vs石井智宏」など、若手もへったくれもないカードが連発されていた。

 

 そんな状況下で新王者となった内藤も、今夏のG1を制し、来年1・4ドームのIWGP挑戦権利証まで保持する身。はっきり言って権利証のほうがベルトより価値が高いのは一目瞭然だ。内藤も「今はみんなドームのメーンの座のほうが欲しいはず。その現状は分かりますし、だからこそ王者として悔しい思いはありますよ」と認めた。

 

 とはいえこのままでは、せっかく取ったベルトの意味がなくなりかねない。そこで内藤は「1・4までは権利証保持者として、誰の挑戦でも受けます。ただしIWGPを取ったら、2本のベルトを一緒にはしない。NEVERは『NEVER』でしか防衛戦をしない」。消滅危機にある若手興行を復活させるべく強硬手段に打って出て、ベルト本来の意義を取り戻すつもりだ。

 

 ずいぶん気の長い話だが、確かに新日プロにある3本目のシングルベルトに大義名分を与えるには他に道はない。14日両国大会の高橋裕二郎とのV1戦を皮切りに、絶対に負けられない戦いの連続となりそうだ。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【富山GⅢ瑞峰立山賞争奪戦】動画コンテンツを配信
28日に富山競輪場で開幕した「開設63周年記念 瑞峰立山賞争奪戦(GⅢ)」。注目選手のインタビュー、推奨レース予想を動画で配信します。

元フジアナ・長谷川豊「すべてお話ししますがなにか?」
“女子アナセクハラ被害”を激白した元フジテレビアナ・長谷川豊がマイクをペンに持ち替えて、女子アナたちの嘔吐事件、不仲疑惑、未成年アイドルとの飲酒騒動など“とくダネ”大放出!

【連載】遠野なぎこ「ぶっちゃけた理由」アーカイブ
出会って2か月で再婚し55日でスピード離婚した遠野なぎこが再婚前に七股交際歴や両親からの虐待など「秘められた過去」を暴露した理由とは? 本紙連載で大好評だった衝撃コラムを公開――。(全19回)


おすすめコンテンツ
競馬初心者(20歳以上)の12組24人を募集します。

様々なテーマとスタイルで小蜜があなたを骨抜きにします!

今回は、本紙で報じた「“人魚”捕獲は日本海大地震兆候か」。

今回は若松SGボートレースメモリアル(開催中)

新着フォト
東スポ動画
昨年2月、卵巣に境界悪性腫瘍が見つかり卵巣と子宮を全摘出。AVを含む一切の活動を一時休止し、その後は抗がん剤治療も受けた麻美ゆまが、東京スポーツ新聞社を訪れ、すっかり元気になった姿を披露した。
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。