• 文字サイズ

トップ > プロレス > プロレス > 船木が河野一派に屈辱リンチ負け

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

船木が河野一派に屈辱リンチ負け
2013年09月16日 16時00分

河野真幸、崔領二、KAZMA-SAKAMOTOに足蹴にされる船木誠勝(下)

【W-1名古屋大会】

 共闘関係が一夜にして崩壊した船木誠勝(44)と反逆者・河野真幸(33)が早くも一騎打ちで激突した。

 

 旗揚げ戦(8日、東京ドームシティホール)でタッグを組んだ両者だが、河野が兄貴分に当たる船木に突如反旗を翻し、ゼロワンの佐藤耕平(35)と崔領二(33)と結託。さらにこの日、負傷欠場中の耕平に代わってKAZMA SAKAMOTO(30)が河野一派に加わった。


 試合形式こそシングル戦ながら、河野のセコンドに崔とKAZMAがスタンバイ。実質的には3対1のハンディキャップ戦状態となった。船木が強烈なキックと掌打で攻勢に出ると、まずは崔が場外から船木のロープワークを妨害する。レフェリーの死角をついて揃って試合に介入し、KAZMAは船木の背中をイスで殴りつける。


 ペースを崩された船木は河野の顔面ニーを浴び、ついに力尽きた。そして試合後には3人がかりで暴行され、ますます遺恨を深める結果に。河野は「しゃべることはねえよ」とふてぶてしく吐き捨て、とっとと会場を後にした。


 一方、やられ放題だった船木には中之上靖文(27)が救出に駆けつけて合体。船木は「彼(河野)のやり方は間違ってる。何でもいいから目立ちたいだけ。こっちももう一人入れて勝つまでやります」と怒りを爆発させた。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
弥彦GⅠ「第24回寛仁親王牌競輪」
“北九州の風来坊”園田匠がGⅠ初優勝を飾った。

元フジアナ・長谷川豊「すべてお話ししますがなにか?」
マイクをペンに持ち替えて、女子アナたちの不仲疑惑、未成年アイドルとの飲酒騒動などを大放出!

麻美ゆま 連載「HAPPY&SMILE」
セクシー女優・麻美ゆまがAVのこと、病気のことなど、赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)


おすすめコンテンツ
波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

週末のレースに向けて行われている、デスクとスタッフのナイショ話

自らの秘められた過去を暴露した理由を、遠野自身が解き明かす

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は「レディースチャンピオン」

新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2016」前期グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。