• 文字サイズ

トップ > プロレス > プロレス > フリー戦士・真田が「同期」KAIを撃破

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フリー戦士・真田が「同期」KAIを撃破
2013年09月16日 16時00分

KAIにフランケンシュタイナーを決める真田

 フリー戦士の真田聖也(25)が「W―1のエース」を名乗るKAI(30)を撃破した。


 両者は06年に全日プロに入門した同期ながら、ともに古巣を離れた後、W―1所属となったKAIとは対照的に真田はフリーの道を選択。旗揚げ戦での一騎打ちに敗れた真田はリベンジを要求し、メーンでの再戦が実現した。


 真田はリング下に潜り込んだり、左ヒザを痛めたフリをするなど主導権を完全には握らせない。そして猛虎原爆固めの連発から月面水爆で圧殺し、ライバルに引導を渡した。してやったりの表情の真田は「W―1のエースに勝ちました。W―1のエースなんだろ? 最後、締めろよ」と敗者に“締めのマイク”を強要する羞恥プレーで勝ち誇った。

 

 KAIは「負けといて締めれるわけないだろ。一回勝ったぐらいで調子乗んなよ。誰が何と言おうとW―1のエースは俺だ」と応戦。同期のライバル抗争はエンドレスで続きそうだ。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
アンカツ&本紙舘林らが「天皇賞・秋」をテーマに大討論会!
10・31ニコ生「東スポ×競馬ラボ」で編集不可能な過激トークバトル展開?

【スーパージョッキーズトライアル】高知・赤岡修次が激戦を制し総合V
第2ステージが10月23日、名古屋競馬場で行われ、高知の赤岡がワールドスーパージョッキーズシリーズの出場切符を手にした。

元フジアナ・長谷川豊「すべてお話ししますがなにか?」
“女子アナセクハラ被害”を激白した元フジテレビアナ・長谷川豊がマイクをペンに持ち替えて、女子アナたちの嘔吐事件、不仲疑惑、未成年アイドルとの飲酒騒動など“とくダネ”大放出!


おすすめコンテンツ
自らの秘められた過去を暴露した理由を、遠野自身が解き明かす

様々なテーマとスタイルで小蜜があなたを骨抜きにします!

今回は、本紙で報じた「“人魚”捕獲は日本海大地震兆候か」。

次回は「下関SGチャレンジカップ」

新着フォト
東スポ動画
WWEの「ザ・ロック」ことドウェイン・ジョンソン(42)が主演映画「ヘラクレス」のジャパンプレミアのため12年ぶりに来日した。
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。