• 文字サイズ

トップ > プロレス > プロレス > アブドーラ小林 疑惑の真人間化

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アブドーラ小林 疑惑の真人間化
2013年09月16日 16時00分

真人間になったと噂のアブドーラ小林だったが…

 C型肝炎に感染し、長期欠場中の大日本プロレスのアブドーラ・小林(37)が、奇跡的に真人間への変身を宣言した。希代のグータラ男が戦線離脱を理由にサボることなく、何と率先して団体の雑務をこなしているのだ。いったい、小林に何が起きたというのか。

 

 過激なデスマッチがウリの大日プロに珍現象が起きている。ダメ人間の象徴的存在だった小林が、自ら雑用をせっせとこなしているのだ。

 

 あまりの変貌ぶりに、ある若手選手は「あの小林さんが働いてるんですよ。何かの前触れなのか…。この夏の異常気象も小林さんのせいかもしれない。気味が悪い」と訴えるほどだ。

 

 小林にC型肝炎の疑いが持たれたのが5月。他の選手やスタッフ、観客への拡散防止のため強制欠場となり、小林には天国のようなその日暮らしが始まった。ところが、ここへきて小林が全国の試合会場から会場へとリングを運搬するトラックを運転。開場すると会場の入り口に立ち、来場者のチケットをチェック。おまけにファンの写真撮影にも気さくに応じる。これは確かに不気味だ。当の小林は「昔の僕だと思ってもらっちゃ困りますよ。試合はできませんが、できることはやります。当然です」と優等生発言に終始した。

 

 だが、この変化にはやはり裏があった。登坂栄児社長(42)は「もちろん治療費は払いますよ。でも、働かなければギャラはゼロ。払いません。本人にもそう伝えてあります」とあっさりと暴露。要するに、小林は試合に代わる給料を得るために、さも改心したかのように雑用に精を出しているわけだ。

 

 さらに「確かに愛想よくお客様に接してますが、男性の方には冷たいと聞きますね。それは女性だけ。時にはナンパしてるらしいですからね」(登坂社長)。小林の下心はミエミエで、冷たい視線が向けられるのも時間の問題。やはり小林は小林だった…。

【関連記事】





ピックアップ
元プロレスラー小橋建太がBSフジ「馬キュン!」で皐月賞予想公開
独特の予想のほかにも現役時代をほうふつとさせる逆水平チョップを豪快に披露!

元フジアナ・長谷川豊「すべてお話ししますがなにか?」
“女子アナセクハラ被害”を激白した元フジテレビアナ・長谷川豊がマイクをペンに持ち替えて、女子アナたちの嘔吐事件、不仲疑惑、未成年アイドルとの飲酒騒動など“とくダネ”大放出!

第23回東京スポーツ映画大賞授賞式
「第23回東京スポーツ映画大賞」「第14回ビートたけしのエンターテインメント賞」(ビートたけし審査委員長=67)の授賞式が盛大に行われた。


おすすめコンテンツ
様々なテーマとスタイルで小蜜があなたを骨抜きにします!

今回は、2月16日付本紙で報じた「消えたネッシーの謎」。

スグに働きたい、高収入を得たい、住み込みで働きたい… 「東スポ求人」ならきっと希望の仕事が見つかるはず!

『東スポ×競馬ラボ』安藤勝己・春のGI桜まつりで桜花賞を徹底討論

新着フォト
東スポ動画
昨年2月、卵巣に境界悪性腫瘍が見つかり卵巣と子宮を全摘出。AVを含む一切の活動を一時休止し、その後は抗がん剤治療も受けた麻美ゆまが、東京スポーツ新聞社を訪れ、すっかり元気になった姿を披露した。
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。