• 文字サイズ

トップ > プロレス > プロレス > フェニックスが驚異の跳躍力を披露

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フェニックスが驚異の跳躍力を披露
2013年09月07日 16時00分

公開練習で驚異のジャンプ力を見せたフェニックス

 ノア22日の後楽園大会でGHCジュニアヘビー級王者・石森太二(30)に挑戦するフェニックス(22)が6日、公開練習を行い、驚異の跳躍力を披露した。

 

 まるで鳥だ。177センチとジュニアでは長身の部類に入るフェニックスが、場外へのノータッチトペを披露。距離にして4メートル。背筋がピンと伸びたフォームが実に美しい。

 

 その後も華麗な動きを見せたフェニックスは「あの技はスーパーマンフライと呼んでくれ。飛び技は100種類はある。GHCのベルトはメキシコに持って帰る」と胸を張った。

 

 現在、団体ジュニア最高峰とされるAAAフュージョン王座とティファナ地区のクルーザー級王座を保持。AAA幹部が将来のエースと見込む逸材だ。メキシコでは入場ゲートからの8メートルダイブを見せたこともあり「チャンスがあればイシモリにも見舞う。3冠王になるよ」と豪語したフェニックス。ジュニア絶対王者が最大のピンチを迎えた。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【向日町GⅢ平安賞】動画コンテンツを配信
前検から最終日まで、注目選手のインタビューと推奨レース予想を動画で配信。

【弥彦GI寬仁親王牌】深谷が優勝
深谷が2011年6月高松宮記念杯以来2個目のタイトル奪取!

【連載】遠野なぎこ「ぶっちゃけた理由」アーカイブ
出会って2か月で再婚し55日でスピード離婚した遠野なぎこが再婚前に七股交際歴や両親からの虐待など「秘められた過去」を暴露した理由とは? 本紙連載で大好評だった衝撃コラムを公開――。(全19回)


おすすめコンテンツ
様々なテーマとスタイルで小蜜があなたを骨抜きにします!

今回は、本紙で報じた「東京スポーツ映画大賞」。

ドイツが1990年W杯イタリア大会以来24年ぶりの優勝を飾った。

“女子アナセクハラ被害”を激白した元フジテレビアナ・長谷川豊が女子アナの“とくダネ”大放出!

吉田拡郎(岡山)がインから逃げ切りSG初優勝を飾った。

三国GⅠ:レディースチャンピオン(8月5日開幕)

新着フォト
東スポ動画
昨年2月、卵巣に境界悪性腫瘍が見つかり卵巣と子宮を全摘出。AVを含む一切の活動を一時休止し、その後は抗がん剤治療も受けた麻美ゆまが、東京スポーツ新聞社を訪れ、すっかり元気になった姿を披露した。
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。