• 文字サイズ

トップ > プロレス > プロレス > 武藤W―1が世界4団体統一王座構想

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

武藤W―1が世界4団体統一王座構想
2013年09月04日 16時00分

「4団体統一王座」構想を明かした武藤

 8日に東京ドームシティホールで新団体「WRESTLE―1(W―1)」を旗揚げする武藤敬司(50)が、早くも「4団体統一」の新王座設立プランを明かした。ゼロからの出発となる武藤は米団体TNAと事実上の業務提携。同団体と友好関係にあるメキシコ、欧州の4団体の間で文字通りの世界王座を誕生させるという。

 

 自らの理想郷を求め、古巣の全日本プロレスを離れた武藤。新たに立ち上げたW―1の旗揚げ戦のチケットは既に完売状態となっている。

 

 武藤:所属選手以外のマッチメークを全部「X」で発表したことで、お客さんの想像をかき立てたのかな。ご祝儀ってのもあるだろうけどね。一発目は重要。全ての評価につながっちまう。

 

 7月に渡米した武藤はTNA創設者のジェフ・ジャレットら首脳陣と会談。若手選手の相互派遣や、団体間での交流を約束した。正式契約こそ交わしていないが、事実上の業務提携だ。

 

 武藤:TNAから2、3人派遣すると言ってきてる。でも、今こっちから2、3人も出せない。所属は10人ぐらいしかいない。だから旗揚げシリーズにTNAは出ないよ。あと(ハルク)ホーガンとかレジェンドはいらない。面倒くせえもん…。若手の交流だよ。

 

 とはいえ、メキシコのAAAなど他団体との外交に積極的なTNAのパイプを生かさない手はない。友好の証しとして武藤がひそかに温める構想が「4団体統一王座」だ。

 

 武藤:W―1の「W」はワールドワイドという意味もある。この世に「世界」と名のつくベルトはいっぱいあるじゃん。そんな中でW―1とTNA、メキシコ、欧州の団体の統一ベルトを作ってもいいかなと。逆に一度もウチでタイトルマッチができないかもしれないけど(笑い)。それはそれでいいじゃん。まずウチが団体として自信を持つことが先だけどね。

 

 統一王座が誕生すれば、活躍の場は世界中に広がる。反対にW―1勢が王者になれなければ、日本で一度も王座戦が開かれないという興行上のリスクも伴うが…。何はともあれ、旗揚げ戦と旗揚げシリーズ(15日・名古屋、21日・京都、22日・金沢)を成功させることが先決だ。

 

 武藤:地方大会は参加選手だけ発表して、マッチメークは当日発表。俺はとりあえず旗揚げツアーは出る。その後は分からない。とにかく旗揚げ戦(武藤&X対X&X)は大事。頑張って6割は働こうと思ってるよ。

 

 

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【SMAP解散】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

「リオデジャネイロ五輪」特集
舞台裏などここでしか読めない情報をお届けします!

9月19日「東スポカップポーカー大会」開催
開催要項、特典、代表選考会開催店舗を記事&動画で紹介!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解に担当記者のコラムを掲載

本紙で2010年2月に連載した「魔法のムチ『武邦彦の真実』」をお届けします。

お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

モーニング娘。'16のメンバーがメンバーが日替わりで登場!(全12回)

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

これが全面休業からテレビ復帰までの一部始終!

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

マイクをペンに持ち替えて、女子アナたちの不仲疑惑、未成年アイドルとの飲酒騒動などを大放出!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は桐生SG「メモリアル」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2016」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。