• 文字サイズ

トップ > プロレス > プロレス > 武藤W-1旗揚げ戦は謎だらけ

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

武藤W-1旗揚げ戦は謎だらけ
2013年08月10日 16時00分

団体ロゴとカードを発表した武藤だが・・・

 全日本プロレスを退団し、新団体「WRESTLE-1(W-1)」を立ち上げた武藤敬司(50)が9日、異例の旗揚げ戦(9月8日、東京ドームシティホール)の全対戦カードを発表した。

 

 とはいっても、謎だらけの旗揚げ戦だ。武藤は自信満々に全8試合がリストアップされたフリップを公表。武藤を含むW―1所属の11選手の試合形式を明らかにしただけで、武藤が出場するタッグマッチのパートナーは「X」。対戦相手に至っては全試合が「X」で、実に17選手分の「X」が並んだ。

 

 その狙いを武藤は「想像させるのも演出のひとつ。そういうのも楽しんでいただけるようにカードを組んだつもり」と説明。他団体から参加する「X」の正体が判明するのは選手の入場時となる。武藤は「全日本プロレスの選手はいないかもしれないな、ハハッ。外国人もいると思う。ヒント? ダメ!!」とかたくなに口を閉ざした。

 

“ネタバレ”を防止するためW―1関係者にはかん口令が敷かれ、報道陣には「水面下で分かっても口を閉じといてほしい。しゃべんないで」とクギを刺した。

 

 自由奔放な武藤の性格を凝縮したようなW―1ワールド。武藤が本紙に宣言した通り、女人禁制も解き、女子プロも1試合組み込んだ。もちろん「X対X」だが…。こだわりの団体ロゴマークも自ら決めた武藤。いよいよ理想郷の体現へ動き出した。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
アンカツ&本紙舘林らが「天皇賞・秋」をテーマに大討論会!
10・31ニコ生「東スポ×競馬ラボ」で編集不可能な過激トークバトル展開?

【スーパージョッキーズトライアル】高知・赤岡修次が激戦を制し総合V
第2ステージが10月23日、名古屋競馬場で行われ、高知の赤岡がワールドスーパージョッキーズシリーズの出場切符を手にした。

元フジアナ・長谷川豊「すべてお話ししますがなにか?」
“女子アナセクハラ被害”を激白した元フジテレビアナ・長谷川豊がマイクをペンに持ち替えて、女子アナたちの嘔吐事件、不仲疑惑、未成年アイドルとの飲酒騒動など“とくダネ”大放出!


おすすめコンテンツ
自らの秘められた過去を暴露した理由を、遠野自身が解き明かす

様々なテーマとスタイルで小蜜があなたを骨抜きにします!

今回は、本紙で報じた「“人魚”捕獲は日本海大地震兆候か」。

次回は「下関SGチャレンジカップ」

新着フォト
東スポ動画
WWEの「ザ・ロック」ことドウェイン・ジョンソン(42)が主演映画「ヘラクレス」のジャパンプレミアのため12年ぶりに来日した。
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。