• 文字サイズ

トップ > プロレス > プロレス > 全日新社長に白石氏 武藤は辞職し内田氏は更迭

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全日新社長に白石氏 武藤は辞職し内田氏は更迭
2013年06月02日 12時00分

 全日本プロレスは1日、同団体の運営会社「全日本プロレスリングシステムズ」の新役員人事を公式ホームページ上で発表した。

 

 同日付で新社長に就任したのは、全日プロのオーナー会社「スピードパートナーズ(SP社)」社長の白石伸生氏。さらに全日プロの副社長を務めた三阪輝氏と佐藤智彦氏、井上博太氏の3人が取締役に就いた。4者はいずれもSP社で、フロント陣は完全な新体制となった。

 

 一方で、取締役会長だった武藤敬司は辞表を提出して同職を辞任した。武藤は2002年10月に全日プロのオーナー兼社長に就任。昨年11月に全日プロの株式100%をSP社が買収した後も会長職に残っていた。しかし、これですべての役職がなくなり、武藤は一選手となった。

 

 また、11年6月に武藤に代わって社長となった内田雅之氏は事実上の更迭。書類などでの通達はされていないが、内田氏は本紙の直撃に「自分の名前が入ってないということなので。(解任は)想定されていたこと。どうとも思っていない」と打ち明けた。

 

 内田氏は武藤の信頼が厚く、右腕として05年から入閣し、経営を支えた。社長を約2年間務めたことには「波乱の社長時代だったですね。5年、10年やった気分です。素人の自分が社長としてやってこれたのはファンと選手、関係各位の協力があったからです。自分だけの力だけではできなかった。本当にありがとうございました」と感謝の言葉を残した。

 

 なおこの日の四日市大会終了後、白石新社長がリング上で就任の挨拶を行った。

【関連記事】





ピックアップ
【ボートレース】まるがめSG「オーシャンカップ」吉田拡郎がSG初優勝
1号艇の吉田拡郎(岡山)が、インから逃げ切りSG初優勝を飾った。

【弥彦GI寬仁親王牌】深谷が優勝
深谷が2011年6月高松宮記念杯以来2個目のタイトル奪取!

サッカーW杯ブラジル大会
ドイツが延長戦でアルゼンチンを下し、1990年W杯イタリア大会以来24年ぶりの優勝を飾った。


おすすめコンテンツ
自らの秘められた過去を暴露した理由を、遠野自身が解き明かす

様々なテーマとスタイルで小蜜があなたを骨抜きにします!

今回は、本紙で報じた「東京スポーツ映画大賞」。

“女子アナセクハラ被害”を激白した元フジテレビアナ・長谷川豊が女子アナの“とくダネ”大放出!

次回は「若松SGボートレースメモリアル(MB記念)」(8月26日開幕)

新着フォト
東スポ動画
昨年2月、卵巣に境界悪性腫瘍が見つかり卵巣と子宮を全摘出。AVを含む一切の活動を一時休止し、その後は抗がん剤治療も受けた麻美ゆまが、東京スポーツ新聞社を訪れ、すっかり元気になった姿を披露した。
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。