• 文字サイズ

トップ > プロレス > プロレス > 川口雄介が「クラッシャー川口」に改名

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

川口雄介が「クラッシャー川口」に改名
2013年05月22日 16時00分

 IGFの「INOKI GENOMEトーナメント」にエントリーしている川口雄介(32)が、「GENOME26」(26日、東京ドームシティホール)から「クラッシャー川口」へ改名することを発表した。

 

 昨年5月のIGF初参戦からちょうど1年と、節目を迎える川口は「分かりやすく自分のスタイルをもっと広げたい」と改名への経緯を説明。リソワスキーやバンバンビガロが思い出されがちな「クラッシャー」を名乗ることで、より相手を叩き潰すファイトを徹底させるつもりだ。

 

 トーナメントでは1回戦シード扱いとなり、2回戦で鈴木秀樹VS定アキラの勝者と対戦。

 

 川口は「誰が上がってきても最初から飛ばしていく」と体力面の優位を生かし短期決戦Vを予告した。

【関連記事】





ピックアップ
元フジアナ・長谷川豊「すべてお話ししますがなにか?」
“女子アナセクハラ被害”を激白した元フジテレビアナ・長谷川豊がマイクをペンに持ち替えて、女子アナたちの嘔吐事件、不仲疑惑、未成年アイドルとの飲酒騒動など“とくダネ”大放出!

第23回東京スポーツ映画大賞授賞式
「第23回東京スポーツ映画大賞」「第14回ビートたけしのエンターテインメント賞」(ビートたけし審査委員長=67)の授賞式が盛大に行われた。

<ソチ五輪>“熱戦”の舞台裏特報満載
2月23日(日本時間24日)に幕を閉じた冬の祭典。ソチ五輪の注目情報&特報はコチラから!


おすすめコンテンツ
様々なテーマとスタイルで小蜜があなたを骨抜きにします!

今回は、2月16日付本紙で報じた「消えたネッシーの謎」。

スグに働きたい、高収入を得たい、住み込みで働きたい… 「東スポ求人」ならきっと希望の仕事が見つかるはず!

『東スポ×競馬ラボ』安藤勝己・春のGI桜まつりで桜花賞を徹底討論

新着フォト
東スポ動画
昨年2月、卵巣に境界悪性腫瘍が見つかり卵巣と子宮を全摘出。AVを含む一切の活動を一時休止し、その後は抗がん剤治療も受けた麻美ゆまが、東京スポーツ新聞社を訪れ、すっかり元気になった姿を披露した。
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。