• 文字サイズ

トップ > プロレス > プロレス > 全日KAI 肉体改造の成果いまだ発揮できず

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全日KAI 肉体改造の成果いまだ発揮できず
2013年03月27日 11時00分

 ヘビー級に転向した全日本プロレスのホープ・KAIが23日、大逆襲を誓った。

 

 KAIは昨年8月から肉体改造のため長期欠場。3・17両国国技館大会で同期の真田聖也を相手に復帰し、新兵器のジャンピング・サンダーファイヤーパワーボムで勝利した。ただ、KAIは「満足してない。お客さんの反応も聞こえてたし」と厳しい表情だ。肉体は変化したが、試合内容に対して観客から少なからずブーイングも飛んだからだ。

 

 しかし、罵声も糧に変え、全てのみ込む決意だ。「何事も最初からうまくいくわけない。失うものはないし、これからを見ていてもらえれば分かる」と豪語した。

 

 そもそも、自らリングを離れたのは現3冠ヘビー級王者・諏訪魔に対抗するためだ。全日プロ公式コンディショニングコーチ・桑原弘樹氏(グリコ)の指導のもと、一時は脂肪だけを最大20キロ減量。1週間で1キロのペースで筋肉量を増やし、100キロまで引き上げた。その間も「諏訪魔さんを倒したい一心だった」と振り返る。

 

 初出場する「チャンピオン・カーニバル」(4・18後楽園大会で開幕)は、強気な言葉の信ぴょう性が問われる。台風の目と化しているバーニングの秋山準や潮﨑豪も参戦するが、KAIは「ヘビー級はいっぱいいるけど、やっぱり(狙いは)諏訪魔さん」とキッパリ。両国で地に落ちた信用を試練続きのリングで取り戻す。

【関連記事】





ピックアップ
【向日町GⅢ平安賞】31日開幕! 動画コンテンツを配信
前検から最終日まで、注目選手のインタビューと推奨レース予想を動画で配信。

【弥彦GI寬仁親王牌】深谷が優勝
深谷が2011年6月高松宮記念杯以来2個目のタイトル奪取!

サッカーW杯ブラジル大会
ドイツが延長戦でアルゼンチンを下し、1990年W杯イタリア大会以来24年ぶりの優勝を飾った。


おすすめコンテンツ
自らの秘められた過去を暴露した理由を、遠野自身が解き明かす

様々なテーマとスタイルで小蜜があなたを骨抜きにします!

今回は、本紙で報じた「東京スポーツ映画大賞」。

“女子アナセクハラ被害”を激白した元フジテレビアナ・長谷川豊が女子アナの“とくダネ”大放出!

吉田拡郎(岡山)がインから逃げ切りSG初優勝を飾った。

次回は「若松SGボートレースメモリアル(MB記念)」(8月26日開幕)

新着フォト
東スポ動画
昨年2月、卵巣に境界悪性腫瘍が見つかり卵巣と子宮を全摘出。AVを含む一切の活動を一時休止し、その後は抗がん剤治療も受けた麻美ゆまが、東京スポーツ新聞社を訪れ、すっかり元気になった姿を披露した。
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。