• 文字サイズ

トップ > プロレス > プロレス > <ディック東郷のワールドツアー第23戦>B級で行きます

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

<ディック東郷のワールドツアー第23戦>B級で行きます
2012年05月01日 17時31分

2011年4月22日。

ペルー唯一の団体、LWAの大会に出場。

試合開始は午後3時。昼過ぎに会場に入ると、まだリングの設営中でした。人が多すぎて誰が選手で、誰がスタッフなのか分かりません。これは、絶対に選手だろ!って体格の人に話かけたらスタッフでした(笑)

控室で選手と写真を撮ったり、撮られたりしているうちに、いつの間にか開始時間となりました。

「どれどれ、お客さんはいっぱいかなぁ」と会場を覗いてみると、お客さんがいないじゃないですか!?

何てことはない、開始時間というのに、まだ開場してないだけでした(笑)

この辺はペルータイムなのか。

結局、40分押しでスタート。

自分は第1試合で、TVKという選手とシングルマッチ。2ヶ月ぶりの試合です。最後はクロスフェイスで完勝!このTVKという選手は良かったです。上手くすれば、彼はきっと良い選手に育つでしょう。

控室に戻って、着替えようとしたら「セニョール・トーゴー、メインで4エスキーナ(4WAY)があるから着替えちゃダメだ」と言われました。

急にそんな事言われても、頭の中「????」ですよ。

どうやら、さっきの試合はメインの出場権をかけたシングルマッチだったようです。

という事で、再びメインに登場。

ディック東郷 vs アポカリシス vs ドクトル・ベネノ vs イカロ

この4人で4WAYマッチです。

この手の試合ほとんどやった事ないので、苦手なんですよね。(昨年、12月にアメリカで3WAYを初体験 )
また、お客さんに分かりづらい。

結果は自分とアポカリシスが場外に落ちている間に、ドクトル・ベネノがイカロからフォール勝ちしたようです。
なんか、力を出しきる前に勝負がついた感じで、かなり消化不良です。

この日は、会場でたくさんの日本人の声援を受けました。
試合をしていて、とても心強かったです。

大会を終えてみて、あまりにもペルーにプロレスが、浸透してない事が発覚。これから先、どうやったらプロレスが根付くのか勝手に考えてみました。

この団体は旗揚げして5年です。それまで20年間、ペルーにはプロレスがなかったと言います。地元の人のほとんどがLWAの存在を知りません。また、ルチャ・リブレがどんなものなのか理解してないのです。


ペルーにプロレスを根付かせるためには、メキシコや日本、アメリカと同じ事をやっても無理だと思います。同じ事をやったら、地元の人はWWEを見ます。現状がすでにそうです。はっきり言って、そっちの方がグレードが高いですから。しかし、LWAの選手もそこには気付いています。気付いているからこそ、スタイルを変えるべきだと思うのです。


リマは大都市だけど、もっとペルーらしさを出した泥臭いプロレスの方が地元の人に受ける気がします。それこそ、名前もインカプロレスにしたらどうでしょう。


それだけで、インカコーラがスポンサーに付くかもしれません。
俺の勝手な理論ですが、地方こそB級です。富士宮の焼きそばのように、背伸びをする必要はないと思います。ボリビアのチョリータ・レスリング(民族衣装を着たおばちゃんのプロレス)が受けているのは、B級だからこそ。B級プロレス路線で行けば、近い将来ペルーにもプロレスが根付いていくのではないでしょうか。俺がもし、地元秋田でプロレスをするならB級で行きます。

【編集部のおすすめ】
【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【とこなめボート】プレミアムGⅠヤングダービー
1号艇の松田大志郎(福岡)が優勝!

【SMAP解散】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【共同通信社杯競輪】竹内雄作がビッグレース初制覇
決勝は竹内雄作(28)が逃げ切りで優勝した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解に担当記者のコラムを掲載

豊かな感性・ガッツのある方を歓迎します。

お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

モーニング娘。'16のメンバーがメンバーが日替わりで登場!(全12回)

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

これが全面休業からテレビ復帰までの一部始終!

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

マイクをペンに持ち替えて、女子アナたちの不仲疑惑、未成年アイドルとの飲酒騒動などを大放出!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はとこなめボート・プレミアムGI「ヤングダービー」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2016」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。