• 文字サイズ

トップ > プロレス > プロレス > 基本技に光を照らした超新星オカダ

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

基本技に光を照らした超新星オカダ
2012年12月14日 10時30分

来年もこれからも俺に注目してください

【2012年度プロレス大賞:最優秀選手賞(MVP)】オカダ・カズチカ(25=新日本プロレス)

 10日行われた選考委員会で、最優秀選手の候補に挙がったのはオカダ・カズチカ(25=新日本プロレス)と棚橋弘至、ノア・森嶋猛の3人。オカダは1回目の投票で21票中16票という圧倒的支持を集めた。「棚橋を倒したインパクト。ベルトを落としてからも試合内容はよかった」「新しい時代を作った」「秒単位で進化していくのが見えた」「バランスの良さはジャンボ(鶴田)以来だ」などの称賛を受け、文句なしのMVPを受賞した。

 プロレス界に新時代を到来させたニューヒーローが今年の顔になった。米国遠征から凱旋した1・4東京ドームで待っていたのは、横柄な態度を非難する大ブーイング。だがオカダは実力で雑音をねじ伏せた。

 2月に棚橋から大金星を挙げてIWGP王座を奪取すると、その後の防衛戦も好試合を連発。6月に王座陥落するも、8月のG1では初出場ながら史上最年少優勝記録を打ち立てた。「カネの雨」を降らせるレインメーカー旋風を巻き起こし、集客面でも新日プロ快進撃の立役者となった。

 25歳でのMVP受賞は、1982年の初代タイガーマスク(佐山聡)に並ぶ史上最年少タイ記録だ。30年前の佐山は「四次元殺法」でプロレス界に革命をもたらしたが、オカダはプロレスの基本中の基本技・ドロップキックに再び光を照らした。191センチの巨体と抜群の身体能力を生かし、クラシカルなプロレスの醍醐味を体現した。そこには「業界を引っ張る者として、昔からあるプロレスの魅力も伝えていく使命があると思ってる」というオカダの自負がある。

 ともあれ若くしてプロレス界の頂点に立ったオカダは、受賞会見で持ち前のビッグマウスを連発。「まあ当たり前じゃないですかね。俺しかいないでしょ。最年少記録? タイってのが気に入らないですね。まあ、タイガーマスク以上の歴史を俺が作っていきます。今年だけじゃなく、来年もこれからも俺に注目してください」と“レベルの違い”をアピールした。

 さらに年間最高試合でも6月の大阪大会で行われた棚橋とのIWGPヘビー級選手権が選出された。2007年の故三沢光晴さん以来となるダブル受賞の快挙達成で、もちろん史上最年少の“2冠”だ。棚橋とはすでに来年1月4日東京ドーム大会での再戦が決定済み。オカダは「俺からしたら(負けた試合なので)納得いってない。あの試合以上の試合をして、プロレス界の歴史を変えたい」と、MVP男としてIWGP王座返り咲きへの誓いを新たにした。「三銃士のファンも四天王のファンも、俺がもう一度引き戻して業界を盛り上げたい。まだまだ序章ですよ」。ノアの鉄人・小橋建太が引退表明した翌日に、超新星がMVPを受賞。2012年12月10日。プロレス界にとって、歴史的世代交代が完遂された日として記憶に残るに違いない。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
元フジアナ・長谷川豊「すべてお話ししますがなにか?」
マイクをペンに持ち替えて、女子アナたちの不仲疑惑、未成年アイドルとの飲酒騒動などを大放出!

岸和田GⅠ「第66回高松宮記念杯競輪」
武田が地元・近畿ラインを粉砕 6回目のGI優勝

麻美ゆま 連載「HAPPY&SMILE」
セクシー女優・麻美ゆまがAVのこと、病気のことなど、赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解に担当記者のコラムを掲載

推定患者600万人! 症状・対処法は…

現役フリーアナが、運命の人を探し出す!

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

週末のレースに向けて行われている、デスクとスタッフのナイショ話

自らの秘められた過去を暴露した理由を、遠野自身が解き明かす

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

次回は「SGオーシャンカップ」

新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2015」グランプリは璃乃、星優姫、城田あや
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。