• 文字サイズ

トップ > プロレス > プロレス > 「2012年度プロレス大賞」受賞者

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「2012年度プロレス大賞」受賞者
2012年12月11日 07時00分

 今年で39回目を迎えた東京スポーツ新聞社制定「2012年度プロレス大賞」選考委員会が10日、東京・千代田区の日本プレスセンターで開かれ各賞が決まった。授賞式は来年1月7日に東京・八重洲富士屋ホテルで行われる。


■東京スポーツ新聞社制定「2012年度プロレス大賞」受賞者■

★最優秀選手(MVP)=オカダ・カズチカ(新日本プロレス):基本技に光を照らした超新星オカダ

★年間最高試合賞(ベストバウト)=棚橋弘至vsオカダ・カズチカ(新日本プロレス・6月16日大阪):棚橋悲願の初受賞「誇りに思う」

★最優秀タッグ賞=大森隆男、征矢学組(全日本プロレス)

★殊勲賞=森嶋猛(ノア):ノアの看板守った年間8度防衛

★敢闘賞=アブドーラ小林(大日本プロレス):マグロやタコと戦い18年目の初受賞

★技能賞=中邑真輔(新日本プロレス):柔と剛を兼ね備えた中邑

★新人賞=橋本大地(ゼロワン):父を超えた破壊王ジュニア

★特別功労賞=坂口征二(新日本プロレス)

★女子プロレス大賞=愛川ゆず季(スターダム):V2ゆずポン「プロレスがつらい時もあった」

★レスリング特別表彰(米満達弘=ロンドン五輪レスリング66キロ級金メダル、小原日登美=ロンドン五輪レスリング女子48キロ級金メダル、吉田沙保里=ロンドン五輪女子レスリング55キロ級金メダル・世界選手権10連覇、伊調馨=ロンドン五輪レスリング女子63キロ級金メダル)

 

ゆでたまご・嶋田氏がプロレス大賞総括

 

◇【MVP、ベストバウト】オカダ・カズチカ「黄金時代と言ってほしくない」

◇【最優秀タッグ賞】大森、征矢組が「世界最強タッグ決定リーグ戦」初優勝

◇【殊勲賞】森嶋が年間最多記録となるGHCヘビー級王座8度目の防衛!ノアは俺が守る

◇【技能賞】IWGPインターコンチネンタル王者・中邑真輔と桜庭が歴史的初遭遇

◇【敢闘賞】アブドーラ小林がデスマッチ王座V7!プロレス大賞へアピール

◇【新人賞】破壊王ジュニア・橋本大地「初めて壁を感じた年」

◇【女子プロレス大賞】愛川ゆず季「表彰式に水着で出ることをここに宣言します」

2011年度のプロレス大賞 最優秀選手(MVP)は棚橋

プロレス大賞の歴史、過去の受賞者一覧

 

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【全日本選抜競輪】地元・久留米の吉本が二次予選へ
注目選手のインタビュー、本紙記者の推奨レース予想を動画で公開!

【薬物逮捕】清原容疑者の転落と闇
球界はもとより各方面に衝撃が広がった清原容疑者逮捕。東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

【ベッキー】不倫略奪疑惑でタレント生命の危機
“スキャンダル処女”で好感度も高かったベッキーが大ピンチ、ついに「休業」を発表した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解に担当記者のコラムを掲載

「龍三と七人の子分たち」の北野武監督が4冠獲得

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

巨人とロッテで活躍。両チームで指導者も務めた山本功児氏が、その半生を振り返る(全27回)

マイクをペンに持ち替えて、女子アナたちの不仲疑惑、未成年アイドルとの飲酒騒動などを大放出!

自らの秘められた過去を暴露した理由を、遠野自身が解き明かす

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

次回はボートレースクラシック

18〜23歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2016」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。