• 文字サイズ

トップ > プロレス > プロレス > NEVER初代王者・将斗1・4でWヘッダーだ

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

NEVER初代王者・将斗1・4でWヘッダーだ
2012年11月23日 16時00分

 新日本プロレス「NEVER」の初代無差別級王者決定トーナメントが行われ、田中将斗(39=ゼロワン)がカール・アンダーソン(32)との決勝戦を制し、初代王者となった。新たな勲章を手にした弾丸児は、来年1月4日東京ドーム大会で「王座戦ダブルヘッダー」の青写真を描いた。

 

 順当に2回戦、準決勝を突破した田中は、決勝でアンダーソンと激突。右ヒジを流血するアクシデントに見舞われながら、最後は血染めのスライディングDで勝利した。

 

 若手の底上げを目指し新設された新王座争奪戦も、終わってみれば優勝候補の大本命がV。田中は「ベルトをどう変えていくのかも王者の力量」と王座の価値向上を誓った。

 

 そこで田中は1・4ドームでの防衛戦敢行を熱望する。「何回か出てるけどドームの花道っつうのは格別。ベルト持って入場したら気持ちいいだろうしね」。小会場から一気にジャンプアップし、現在のプロレス界では最大規模の興行でタイトル戦を行えば、認知度大幅アップは間違いない。

 

 さらに高橋裕二郎とのコンビで「ワールドタッグリーグ戦」に出場中の田中は、優勝後のIWGPタッグ王座(王者はランス・アーチャー、デイビーボーイ・スミス組)挑戦の舞台も1・4ドームに指定。この日も1日3試合をこなした無尽蔵のスタミナを生かし、ドーム決戦で王座戦ダブルヘッダーを実現させるという。

 

「なんならダークマッチ組んでもらって、ドームでも3試合やってもいい」と豪語した弾丸児。新設ベルトとタッグリーグ制覇を手土産に、東京ドームをジャックする。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
アンカツ&本紙館林らが「桜花賞」をテーマに大討論会
4・10ニコ生「東スポ×競馬ラボ」で編集不可能な過激トークバトル展開?

京王閣GⅠ「第68回日本選手権競輪」
新田祐大が待望のGⅠ初制覇。暮れのグランプリの出場切符を手にした

元フジアナ・長谷川豊「すべてお話ししますがなにか?」
マイクをペンに持ち替えて、女子アナたちの不仲疑惑、未成年アイドルとの飲酒騒動などを大放出!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解に担当記者のコラムを掲載

現役フリーアナが、運命の人を探し出す!タイムリミットは4月25日

優勝者に賞金100万円プレゼント

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

週末のレースに向けて行われている、デスクとスタッフのナイショ話

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

次回は「マスターズチャンピオン」

新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2015」グランプリは璃乃、星優姫、城田あや
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。