• 文字サイズ

トップ > プロレス > プロレス > NEVER初代王者・将斗1・4でWヘッダーだ

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

NEVER初代王者・将斗1・4でWヘッダーだ
2012年11月23日 16時00分

 新日本プロレス「NEVER」の初代無差別級王者決定トーナメントが行われ、田中将斗(39=ゼロワン)がカール・アンダーソン(32)との決勝戦を制し、初代王者となった。新たな勲章を手にした弾丸児は、来年1月4日東京ドーム大会で「王座戦ダブルヘッダー」の青写真を描いた。

 

 順当に2回戦、準決勝を突破した田中は、決勝でアンダーソンと激突。右ヒジを流血するアクシデントに見舞われながら、最後は血染めのスライディングDで勝利した。

 

 若手の底上げを目指し新設された新王座争奪戦も、終わってみれば優勝候補の大本命がV。田中は「ベルトをどう変えていくのかも王者の力量」と王座の価値向上を誓った。

 

 そこで田中は1・4ドームでの防衛戦敢行を熱望する。「何回か出てるけどドームの花道っつうのは格別。ベルト持って入場したら気持ちいいだろうしね」。小会場から一気にジャンプアップし、現在のプロレス界では最大規模の興行でタイトル戦を行えば、認知度大幅アップは間違いない。

 

 さらに高橋裕二郎とのコンビで「ワールドタッグリーグ戦」に出場中の田中は、優勝後のIWGPタッグ王座(王者はランス・アーチャー、デイビーボーイ・スミス組)挑戦の舞台も1・4ドームに指定。この日も1日3試合をこなした無尽蔵のスタミナを生かし、ドーム決戦で王座戦ダブルヘッダーを実現させるという。

 

「なんならダークマッチ組んでもらって、ドームでも3試合やってもいい」と豪語した弾丸児。新設ベルトとタッグリーグ制覇を手土産に、東京ドームをジャックする。

【関連記事】





ピックアップ
【向日町GⅢ平安賞】31日開幕! 動画コンテンツを配信
前検から最終日まで、注目選手のインタビューと推奨レース予想を動画で配信。

【弥彦GI寬仁親王牌】深谷が優勝
深谷が2011年6月高松宮記念杯以来2個目のタイトル奪取!

サッカーW杯ブラジル大会
ドイツが延長戦でアルゼンチンを下し、1990年W杯イタリア大会以来24年ぶりの優勝を飾った。


おすすめコンテンツ
自らの秘められた過去を暴露した理由を、遠野自身が解き明かす

様々なテーマとスタイルで小蜜があなたを骨抜きにします!

今回は、本紙で報じた「東京スポーツ映画大賞」。

“女子アナセクハラ被害”を激白した元フジテレビアナ・長谷川豊が女子アナの“とくダネ”大放出!

吉田拡郎(岡山)がインから逃げ切りSG初優勝を飾った。

次回は「若松SGボートレースメモリアル(MB記念)」(8月26日開幕)

新着フォト
東スポ動画
昨年2月、卵巣に境界悪性腫瘍が見つかり卵巣と子宮を全摘出。AVを含む一切の活動を一時休止し、その後は抗がん剤治療も受けた麻美ゆまが、東京スポーツ新聞社を訪れ、すっかり元気になった姿を披露した。
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。