• 文字サイズ

トップ > プロレス > 女子プロレス > 里村 異種格闘技戦に初挑戦も

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

里村 異種格闘技戦に初挑戦も
2012年09月20日 12時00分

 センダイガールズの里村明衣子(32)が、異種格闘技戦への初挑戦を視野に入れていることを明らかにした。

 

 9・30大阪IMPホール大会でアジャ・コング(41)と12回目の一騎打ちに臨む里村は、「私の中で考えてることがあります。その答えを出すためにも、アジャ戦が一つの転機になると思う」とこの一戦を位置づけた。

 

 実は昨年10月の団体対抗戦「Flashトーナメント」を終えてから、“燃え尽き症候群”に陥っていたという。「なんだか、やってることがこぢんまりとしてきた。やり慣れた中でやっていても意味がないし、刺激がなかった…」

 

 1995年4月15日のデビュー戦(対加藤園子戦、後楽園)から里村は、常に女子プロ界の第一線で活躍してきた。だが、この17年間で強豪選手たちとは戦い尽くし、明確な目標を失いかけていた。モヤモヤした気持ちを吹き飛ばしてくれたのが、8月のロンドン五輪だった。金メダルを獲得した女子柔道と女子レスリングをテレビ観戦しているうちに、新たな挑戦意欲がわいてきたという。「女子プロの中ではやり尽くしたから、異種格闘技とかの勝負に持っていくのが魅力的なのかなって考えてます。格闘技のフィールドにプロレスラーが入るのではなく、プロレスの方に引き込めばいい」と新たな目標が芽生えた里村は、年内最大のビッグマッチとなる12月15日の宮城・仙台サンプラザホール大会での実現を目指すという。

 

「この世界で一番刺激になるのがアジャ・コングだし、一番の勝負ができる相手」。まずはケジメの一戦となる大阪大会に集中した里村の目が、輝きを取り戻してきた。

【関連記事】





ピックアップ
今年最初のニコ生コラボ番組「『東スポ×競馬ラボ』安藤勝己春のGⅠ桜まつり」
『東スポ×競馬ラボ』安藤勝己・春のGI桜まつりで桜花賞を徹底討論

元フジアナ・長谷川豊「すべてお話ししますがなにか?」
“女子アナセクハラ被害”を激白した元フジテレビアナ・長谷川豊がマイクをペンに持ち替えて、女子アナたちの嘔吐事件、不仲疑惑、未成年アイドルとの飲酒騒動など“とくダネ”大放出!

【名古屋GI日本選手権競輪】村上義弘がダービー3回目の優勝
「第67回日本選手権競輪」の動画コンテンツ配信。決勝は“魂の男”村上義弘が究極の走りで歓喜のゴールを駆け抜けた。


おすすめコンテンツ
様々なテーマとスタイルで小蜜があなたを骨抜きにします!

今回は、2月16日付本紙で報じた「消えたネッシーの謎」。

スグに働きたい、高収入を得たい、住み込みで働きたい… 「東スポ求人」ならきっと希望の仕事が見つかるはず!

新着フォト
東スポ動画
昨年2月、卵巣に境界悪性腫瘍が見つかり卵巣と子宮を全摘出。AVを含む一切の活動を一時休止し、その後は抗がん剤治療も受けた麻美ゆまが、東京スポーツ新聞社を訪れ、すっかり元気になった姿を披露した。
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。