• 文字サイズ

トップ > プロレス > プロレス > 関本奥の手でストロング王座奪還

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関本奥の手でストロング王座奪還
2013年03月02日 16時00分

 大日本プロレス1日の後楽園ホール大会で関本大介(32)が全日プロに流出していたBJW認定世界ストロングヘビー級王座の奪還に成功した。

 

 エースが重責を果たした。今年1月に外敵王者となった征矢学(28)に挑んだ関本は、鍛え上げられた肉体をショルダータックルで正面衝突させる。チョップにはチョップを返し、両者が身上とする真っ向勝負の様相を呈した。だが、これはしたたかな誘い水だった。

 

 必殺のワイルドボンバー(ラリアート)をかわした関本は背後から裸絞めで捕獲。意表を突くグラウンドコブラで丸め込み、3カウントを奪い取った。

 

 こだわりを捨ててでも勝利に徹した関本は「作戦勝ちです」と堂々と胸を張った。次期挑戦者には、タッグパートナーでもある岡林裕二(30)を指名。過去のシングル戦で関本は無敗を誇るが「成長したと思ってる。逆指名する、岡林。これ(ベルト)をかけて戦おう」とドイツ遠征中の相棒に呼びかけた。

 

 最後の一騎打ちは昨年10月の高知大会。岡林は故郷凱旋マッチにドロを塗られており、死闘は避けられない。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【スーパージョッキーズトライアル】鮫島&吉原 本戦出場決定!
本戦に先駆け20日、佐賀競馬場で行われた「ワイルドカード」は、地元・鮫島克也が優勝。準優勝の吉原寛人とともに本戦出場を決めた。

総勢140人以上!ゲームショウの美人コンパニオンを大特集
 ゲームの祭典「TOKYO GAME SHOW2014」が18日、千葉・幕張メッセで開幕した。東スポWebではイベントの華である各ブースのコンパニオンを140人以上を特集!

元フジアナ・長谷川豊「すべてお話ししますがなにか?」
“女子アナセクハラ被害”を激白した元フジテレビアナ・長谷川豊がマイクをペンに持ち替えて、女子アナたちの嘔吐事件、不仲疑惑、未成年アイドルとの飲酒騒動など“とくダネ”大放出!


おすすめコンテンツ
小倉ミッドナイト競輪の「出走メンバー、コメント、本紙の狙い」そして競輪担当記者のコラムを掲載します。

自らの秘められた過去を暴露した理由を、遠野自身が解き明かす

様々なテーマとスタイルで小蜜があなたを骨抜きにします!

今回は、本紙で報じた「“人魚”捕獲は日本海大地震兆候か」。

次回は「とこなめSGボートレースダービー」

新着フォト
東スポ動画
昨年2月、卵巣に境界悪性腫瘍が見つかり卵巣と子宮を全摘出。AVを含む一切の活動を一時休止し、その後は抗がん剤治療も受けた麻美ゆまが、東京スポーツ新聞社を訪れ、すっかり元気になった姿を披露した。
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。