• 文字サイズ

トップ > ノンセクション > 特集 > クールビズの改善ポイント

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クールビズの改善ポイント


<クールビズ「OK」「NG」早分かりチェック&改善ポイント(その2)>

 残念なオジサン、OLから後ろ指を指されないために改善すべき要注意ポイントを挙げてもらった。今からでも間に合う。ぜひ参考にしていただきたい。

【改善ポイント①】顔がデカイ人が襟腰の高い(立てた襟の部分が大きくて高い)シャツを着ると、顔が埋まったように見える。顔が大きくて首が短い人は襟腰が低いシャツ(3・5~4センチ)を選ぶべし。なお、かつてはカジュアルな印象が強かったボタンダウンはクールビズ向き。選んだ方がベターだ。ポロシャツの場合、同じブランドの同じサイズでもカジュアル用とビジネス用で身幅が異なることもあるので注意しよう。ダボダボだったりするとダサい。

【改善ポイント②】ポロに限らず、シャツではピッタリ過ぎると悲劇が…。「下着を着ない人にありがちなのが乳首が透けて見えてしまうこと。黒乳首の人は注意が必要です。ちなみに、下着を着るなら第2ボタンを開けても見えないくらいのVネックがオススメです」

【改善ポイント③】〝黒〟つながりで注意したいのが、靴とカバンだ。「黒は重く暑苦しく見えるので、靴とベルトは茶色系統にまとめると良いでしょう。スニーカーはスポーツ用ではなくレザーに見えるものを。カバンのおすすめは革とナイロン、革とキャンバス素材といった具合に持ち手などに革を使っているもの。モスグリーンやネイビーなどダーク系の色を選んでおけば、秋冬にも使えますよ」

【改善ポイント④】クールビズだからといって、いつでも〝上着なし〟ではダメ。商談や会議など大事な場面ではジャケットをはおるべし。「白系の半袖シャツだけでは締まった感じになりません。暑いので常に着る必要はありませんが、通気性の良いネイビージャケットを着るとガラッと印象が変わりますよ」
スーツの上着やパンツを〝流用〟すると残念な姿になりがちなので、できれば別に用意した方が良さそう。ちなみに、クールビズに合うようなジャケットは着丈がスーツよりも短くなっているので「他人からは一目瞭然」だとか。

【改善ポイント⑤】ジャケットは必須アイテムだが、ポロシャツに合わせるのは危険だ。「オジサンがやると、どうしても〝休日のゴルフスタイル〟になってしまう傾向があります。ダメビズの最高傑作になりかねません…」

【改善ポイント⑥】ヤングファッション誌ではないが、カッコ良く見えるヤツは小物に気を使っている。「ネクタイがなくなった途端にだらしなく見えるのは、目線のやり場がなくなるからなんです。だから、ジャケットの胸ポケットにリネンのハンカチ(白)をポケットチーフとして入れるといいですよ」

例えば、無印良品の「フレンチリネンハンカチ」なら630円で購入できる。ハンカチとしても機能性は高く、汗を拭いたら水で洗って1時間程度で乾くので便利だ。
「クールビズになると腕時計も非常に目立ってしまいます。革のバンドに汗ジミができていたり、傷んでいるようでしたら交換しておきましょう。変なデジタル時計をするくらいなら、つけない方がマシです」

【改善ポイント⑦】中年になると体のラインもメリハリがなくなってくる。だからこそパンツの折り目は生命線だ。「折り目がしっかりしていると清潔感が増します。折り目がなくなる前にアイロンをかけたり、ズボンプレッサーを利用してください。面倒だという人は、クリーニング店で折り目加工をお願いする方法もあります」

【まとめ】
記者も含め、「こんなに努力できないよ」という人もいるはず。クールビズはオジサンにとってハードルが高いファッションなの!?
「その通りです。薄着になればなるほど体形も隠せないし、肌のツヤだって若者とは比べものになりません。クールビズ関連商品もほとんどが若くてスリムな男性向けに作られていますから、オジサンにとっては大変なこと。だからこそ清潔感を増すように細かく気を使う必要があるんです」

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【5・14ウインズ横浜】“競馬界の女神”稲富菜穂と本紙舘林がガチ予想 new
ミス東スポも参加するイベントで「GIヴィクトリアマイル」の予想を披露!

【日本選手権競輪】5月2日京王閣競輪場で開幕!
注目選手のインタビュー、“闘将”佐々木昭彦の推奨レース予想を動画で配信!

【解散SMAP、ジャニーズ】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
かきつばた記念(5月3日・名古屋競馬場)、兵庫CS(5月4日、園田競馬場)

豪華プレゼント満載!(クリックすると詳細表示)

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース津・プレミアムGI「マスターズチャンピオン」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。