• 文字サイズ

トップ > ノンセクション > 特集 > 【長谷川豊アナ連載8】不仲説流れた小倉智昭さんと中野美奈子アナとの本当の関係

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【長谷川豊アナ連載8】不仲説流れた小倉智昭さんと中野美奈子アナとの本当の関係


ページ: 1 2

長谷川豊アナ連載「すべてお話ししますがなにか?」

【元フジテレビアナ・長谷川豊「すべてお話ししますがなにか?」(連載8)】

 

小倉(顔写真)との“不仲説”が伝えられた中野だったが…

「とくダネ!」で佐々木恭子アナウンサー(40)の後任を務めたのが、2002年入社の中野美奈子(33)です。慶応大時代にミス慶応に選ばれ、「めちゃくちゃかわいいのが入社してくる!」と評判でした。

 

 中野をこっそり見た1年先輩の高島彩(34)も「あの子はスゴいかわいい! 彼女の顔を見ながら何杯でもご飯を食べられる!」と大興奮。さすがにほめすぎだろうと笑って中野を見たら、ビックリ。かわいすぎる…。フジの歴代の女子アナでも、一番の美人。しかも、頭2つは抜けていました。

 

 ただ、中野本人に話を聞くと「そこそこオタクです」と笑い、根暗な写真オタクだったことが発覚。僕は“日本で一番美しいオタク”だと思っています。

 

 中野は09年から「とくダネ!」に起用されました。その後、メーン司会者・小倉智昭さん(66)との不仲説がささやかれるようになります。週刊誌やネット上で、小倉さんの中野に対する姿勢が「冷たい」「目を合わそうとしない」と。

 

 結論から言うと、不仲ではありません。お互い信頼し、仲良くやっていました。

 

 冷たく見えるのは、小倉さんの“照れ”だったんです。意外かもしれませんが、小倉さんはもともと恥ずかしがりや。特に、奇麗な女性にはオクテなところがあります。たとえるなら、小学生の男の子がクラスのアイドル的存在の女の子に冷たくするのと同じ。先述のように、中野は歴代ナンバーワン美人女子アナ。テレビでも美しく見えると思いますが、生で見ればもっと美しい。目が大きく、キラキラしていますから。だから、小倉さんの“照れ”が冷たい対応に映ったのだと思います。

 

 僕は中野にいきなりこう聞かれたことがありました。「小倉さんの誕生日会はどうしてるんですか?」「何もやっていないよ」「えっ、やりましょうよ!」

 

 そう言うと、1時間ほどで、誕生日会の店からプレゼントにケーキまで完璧に準備したんです。「お前、そういうのするタイプに見えないけど」「私、結構こういうの好きですよ」。聞けば「めざましテレビ」時代から、キャスター・大塚範一さん(64)の誕生日会を毎年セッティングしていたそうです。

ページ: 1 2
【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【GⅢ瑞峰立山賞争奪戦】“世界のキタノ”決死の走りで地元記念を盛り上げる
注目選手のインタビュー、本紙記者の推奨レース予想を動画で配信します。

【高松宮記念杯競輪】新田祐大が連覇達成!
新田祐大が連覇で4回目のGI優勝を飾った。

【連載】酔っ払った姿がかわいすぎる“飲みカワ”アイドル中村静香
お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)


おすすめコンテンツ
園田FCスプリント(29日、園田競馬場)

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース鳴門・SG「グランドチャンピオン」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。