• 文字サイズ

トップ > ノンセクション > 特集 > 【長谷川豊アナ連載7】佐々木恭子アナのすごさを実感した原稿衝撃暗記

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【長谷川豊アナ連載7】佐々木恭子アナのすごさを実感した原稿衝撃暗記


ページ: 1 2

長谷川豊アナ連載「すべてお話ししますがなにか?」

【元フジテレビアナ・長谷川豊「すべてお話ししますがなにか?」(連載7)】

 

アナウンス技術は超一級品!長谷川が尊敬する佐々木アナ

 フジテレビのアナウンサーの中でも「この人、スゴすぎる!」と思ったのが、佐々木恭子アナウンサー(40)でした。

 

 入社2年目の2000年4月1日から、僕は「とくダネ!」に就任。「とくダネ!」といえば、局内で「アナウンサーにとって一番厳しい」と言われる番組でした。原稿が全くないんです。09年に「めざましテレビ」から「とくダネ!」のキャスターに異動した中野美奈子(33)も、その難しさにビックリしていました。「めざましテレビ」は原稿に「てにをは」から相づちまで、こと細かに書いてあったので、当然です。

 

 僕も「とくダネ!」に最初出演した時は、手足がしびれるくらい緊張しました。当初は取材もプレゼンもできず苦しむ毎日で、そんな中、助言してくれたのが恭子さん。たとえば「豊君は『実は…』ってよく言ってるけど、『実は…』っていうのは、1日1回で十分じゃない」とね。急いで自分のVTRを見直し、がくぜん…。確かに3~4分の自分の出演で、3~4回も「実は…」と言っていたんです。全く気づいていませんでした。次の言葉が出てこないのを無意識で「実は…」とつないでいたようでした。プロのアナウンサーのしゃべりは、無駄な部分はそいでできるものです。

 

「原稿を使うな。原稿がないとしゃべられなくなるぞ」。そうアドバイスしていただいた「とくダネ!」のメーン司会者・小倉智昭さん(66)も、恭子さんに絶大な信頼を寄せていましたね。

 

 よくフジの女子アナはチャラチャラしていると言われますが、とんでもない。恭子さんのアナウンス技術は超一級品、声はかわいいし、聞き取りやすい。かつ東大出身の才媛です。

 

 恭子さんのすごさを実感したのが、CS番組「フジアナスタジオ まる生」で一緒に出演した時。1分間くらいの原稿、文字数でいえばだいたい160文字ほどの原稿を渡された恭子さんは「は~い」と受け取って、10秒もかからずサッと読み、「OKです」と言ったんです。「えっ~!! もう暗記したの!?」と僕は目を丸くするしかない。恭子さんは瞬時にかつ、完璧に暗記。しかも、本番で一度もかみませんでした。

ページ: 1 2
【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
アンカツ&大魔神・佐々木らが「ダービー」テーマに大討論会
5・27ニコ生「東スポ@競馬ラボ」で激アツ本音トークバトル展開!“謎の美女”祥子と“謎の聖女”璃子も参戦

今年もやります「ザッツPOG」好評発売中!
ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手が初登板! アンカツも4年連続参戦

【解散SMAP、ジャニーズ】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
北日本新聞杯(5月21日、金沢競馬場)

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース福岡・SG「オールスター」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。