• 文字サイズ

トップ > ノンセクション > 社会 > トランプ氏「仏大統領夫人にセクハラ発言」は妻への当てつけか

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トランプ氏「仏大統領夫人にセクハラ発言」は妻への当てつけか


マクロン仏大統領夫人(右)にセクハラ発言で物議を醸したトランプ大統領(ロイター)

 フランス・パリを訪問中のトランプ米大統領(71)が13日、マクロン仏大統領(39)の25歳年上妻のブリジット夫人(64)に対して、なめ回すようなイヤらしい視線を送り「いい体だ」などと声をかけたことが、欧米メディアやネット上で「女性差別だ!」「下品」「お世辞を言っただけ」などと物議を醸している。

 

 ブリジット夫人といえば、高校生だったマクロン氏と“教師と生徒”の関係で恋に落ち、マクロン氏からの14年間の猛アタックの末、前夫との関係を清算して再婚。若いイケメンを落とすだけあり64歳の今も美貌と抜群のスタイルは健在だ。

 

 この日も体のラインを強調したセクシーなヒザ上丈のミニワンピ姿。のっけからブリジット夫人を抱擁し、頬にキスするなど距離感の近かったトランプ氏は皇帝ナポレオンが眠る廃兵院を訪問後の別れ際、手で胸の丸みなどをつくりながら「いい体だ、美しい」などと笑みを浮かべたのだ。

 

 ただ、所有する会社でミスコンを主催し「女は若さと美貌。35歳なんてチェックアウト!」と言ってはばからないのがトランプ氏だったはず。71歳のトランプ氏からみれば64歳はまだまだ若いとはいえ、なぜこれほどまでにブリジット夫人を褒めちぎったのだろうか。

 

 SNS上では「(セクハラ発言に)一番凍りついていたのはその場にいたメラニア夫人だった」という指摘も。トランプ夫妻は大統領選以前から別居中で、公務の場で夫人が大統領の手を払いのけたり、ニラみつけるなど、たびたび不穏な空気が流れてきた。

 

 単にマクロン夫妻のおしどりぶりが面白くなく、チャチャを入れた可能性もあるが、一部では「今回のセクハラ発言は、公の場で自分の顔を潰してきたメラニア夫人に対する当てつけなのでは」という声も飛んでいる。

 

 いずれにせよ、トランプ氏のセクハラ癖が直ることはないようだ。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【浜名湖ボート】 開設64周年記念GⅠ浜名湖賞
注目選手インタビュー、記者の予想など動画コンテンツを配信!

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

【サマーナイトフェスティバル】新田祐大が渡辺一成とワンツー決めて“夜王”戴冠
新田祐大が豪快なまくりで制覇。高松宮記念杯に続くビッグレース連続優勝を決めた。


おすすめコンテンツ
金沢スプリントカップ(7月25日=金沢競馬場)

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

キアヌ演じる伝説の殺し屋が“1分1殺”以上の勢いで大暴れ

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレースまるがめ・SG「オーシャンカップ」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。