• 文字サイズ

トップ > ノンセクション > 社会 > 子供に運転させ投稿動画で逮捕 わざわざ犯行証拠を公開する心理

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子供に運転させ投稿動画で逮捕 わざわざ犯行証拠を公開する心理


 茨城県警古河署は18日、ヒザの上に乗せた子供に車を運転させたとして、道交法違反(無免許運転ほう助)の疑いで、古河市の配管工の男性(31)を逮捕した。子供がハンドルを操作する様子を撮影した動画がインターネット上に投稿されており、同署が捜査していた。

 逮捕容疑は6日午後3時15分ごろ、古河市の市道で、両ヒザに子供を乗せて車を運転させ、無免許行為を助けた疑い。古河署によると「無免許運転をさせたことになるとは知らなかった」と容疑を否認。動画に写っているのは自分だと認めている。

 同署は、子供と容疑者の関係について「未成年者の特定につながるためコメントできない」としている。

 投稿された動画は約40秒で、運転席に座った容疑者が、ヒザの上に座らせているとみられる子供にハンドルを握らせながら「(ハンドルを)切れ」「戻せ」「ウインカー出して」などと声を掛ける姿が写っていた。子供は「警察いるよ」などと話しており、いけないことをしていると分かっていたようだが、大塚容疑者は運転を続行させていた。

 容疑者の両手も、子供の両手も動画に写っており、固定カメラではなく、たびたび写る範囲が変化している。つまり、手持ちで撮影していた第三者がいた可能性が高い。

 法曹関係者は「子供の足はアクセル、ブレーキに届かないので、容疑者がブレーキを踏める状況だし、容疑者がハンドルを持っていたので、安全だし、無免許運転にならないと主張しているのかもしれません」と語る。

 それにしても動画という“犯行証拠”をアップするのは理解しがたい。

「過去のネット動画から犯行がバレて、起訴された人たちの裁判を傍聴してみたら、そういう人たちは仲間にウケれば満足。不特定多数や警察が見ていることなど、どうでもいいと思っているし、そんなこと想定していないんです」と同関係者は指摘している。

【編集部のおすすめ】
【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【GⅢ瑞峰立山賞争奪戦】“世界のキタノ”決死の走りで地元記念を盛り上げる
注目選手のインタビュー、本紙記者の推奨レース予想を動画で配信します。

【とこなめGⅡモーターボート大賞】山田康二がGII初制覇!
山田康二が得意のとこなめでイン逃げを決めて優勝を飾った。

【連載】酔っ払った姿がかわいすぎる“飲みカワ”アイドル中村静香
お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)


おすすめコンテンツ
園田FCスプリント(29日、園田競馬場)

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース鳴門・SG「グランドチャンピオン」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。