• 文字サイズ

トップ > ノンセクション > 社会 > オバマ政権の合意を即時廃棄 トランプ大統領キューバ政策見直しの衝撃

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オバマ政権の合意を即時廃棄 トランプ大統領キューバ政策見直しの衝撃


キューバへの圧力強化を表明したトランプ大統領(ロイター)

 米国のトランプ大統領(71)は16日、フロリダ州マイアミにある劇場で演説し「前政権とキューバとの間で交わされた完全に一方的な合意を即時に破棄する」と宣言。国交正常化に向けた合意の見直しを発表した。

 米国とキューバの国交正常化に向けた合意は、オバマ前大統領が2014年12月に交渉をスタート。翌15年5月にキューバを「テロ支援国家」のリストから解除すると、同年7月には相互に大使館が開設され、1961年に断絶して以来、54年ぶりに国交正常化が実現した。これによりキューバへの制裁が緩和されて両国の交流は拡大したが、今回トランプ氏はキューバに人権状況の改善など民主化を求めるため圧力強化へと方針転換した格好だ。

 トランプ氏は演説で、オバマ氏がキューバと交わした合意について、国民を弾圧するキューバ軍に利益がもたらされたと批判し、破棄して再交渉すると宣言。また、キューバのカストロ体制を「野蛮」だと非難し、政治犯の釈放や民主的な選挙の実施、表現の自由の尊重を要求し、これらが達成されるまで「キューバへの経済制裁は解除しない」と明言した。

 ただし、国交は維持し、飛行機の直行便も引き続き運航される見通し。

 ホワイトハウス当局者によると、新たなキューバ政策を受け、キューバ軍が管理する企業と米企業の取引を制限。対象となるのはホテルや小売りなどを幅広く手掛け、キューバ経済の大きな部分を占める軍関連企業GAESAで、キューバ経済に一定の影響を及ぼしそうだ。渡航規制は教育目的で認められていた個人旅行が禁止される。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【GⅢ瑞峰立山賞争奪戦】“世界のキタノ”決死の走りで地元記念を盛り上げる
注目選手のインタビュー、本紙記者の推奨レース予想を動画で配信します。

【とこなめGⅡモーターボート大賞】山田康二がGII初制覇!
山田康二が得意のとこなめでイン逃げを決めて優勝を飾った。

【連載】酔っ払った姿がかわいすぎる“飲みカワ”アイドル中村静香
お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)


おすすめコンテンツ
園田FCスプリント(29日、園田競馬場)

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース鳴門・SG「グランドチャンピオン」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。