• 文字サイズ

トップ > ノンセクション > 社会 > タイは5月に何かが起こる? 7年前には大規模騒乱

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タイは5月に何かが起こる? 7年前には大規模騒乱


爆弾があった場所を説明する担当官(地元紙「カオソッド」から)

【アツいアジアから旬ネタ直送「亜細亜スポーツ」】タイの首都バンコク西部で15日夜、パイプ爆弾とみられる爆発があり、地元女性2人が軽傷を負った。現場は国立劇場前で、近隣では先月5日にも同様の爆発があった。

 所轄のチャナソンクラム署は「調査中で詳細は分かっていない」としているが、地元紙「カオソッド」の取材に警官は「前回の爆発と同様の仕組みで、時限式爆弾だと推測される。爆発物処理班の関係者によると、現場には火薬が残っていない。燃焼を急速に促進させるフラッシュパウダーのようなものを使い、証拠を残さなかった可能性もある」と語った。周辺の監視カメラの解析などの捜査が進められている。

 徒歩5分ほどには“バックパッカーの聖地”カオサンロードがあり、1泊1000円程度のゲストハウスが軒を連ねる。近年では欧米人旅行者が深夜まで大騒ぎするバーなども密集し、「イスラム国」など過激派による外国人狙いのテロでは、という声も。

 9日にはタイ南部パッタニー市のショッピングセンター「Big C」で爆発があり、60人以上が負傷した。こちらはパッタニーを含むタイ南部の独立を掲げるイスラム過激派の関与が疑われている。彼らは次第にテロの範囲を拡大させており、バンコクで自動車爆弾テロが起きるという情報も流れていた。

 ただ、今回の爆発はイスラムと無関係だろうと地元記者は指摘する。

「国立劇場から通りを挟んだ目の前には、サナーム・ルアンという公園があり、ここではプミポン前国王の葬儀施設の設営が進められている。その公園の向こうは王宮で、前国王の遺体が安置されていて、タイ全土からやって来る弔問客の列が今も絶えない。そんな場所での爆発には、やはり何らかのメッセージがあるとみられている」

 地元メディアは第一報以降、簡単な続報を伝えるのみで、SNSもほとんど沈黙している。「今の軍事政権は言論に対する圧力を強めている。既存メディアのほかSNSも監視。フェイスブックへの政治的な投稿ばかりか、それに対して『いいね!』を押した人もチェックしているといわれる」と同記者。

 昨年10月の前国王崩御以来、タイの政府機関は喪に服している。葬儀は今年10月25~29日に行われる予定で、これで喪が明ける。「タイでこの10年以上続く政争は、喪が明けるまではひとまず棚上げという暗黙の了解があった。だが、主張を抑えられないグループが、今回のように個人的に犯行に走っている可能性もある」(前同)

 思い返せば、タクシン元首相の支持グループがバンコク各地を占拠、これを排除しようとする政府・軍との間で衝突が起き大規模な騒乱になったのは2010年5月だった。タクシン派はその後また政権を取るが、タクシン氏の妹・インラック首相(当時)を追い落とすため、軍がクーデターを起こしたのも、14年のやはり5月。政変が起こるタイの5月は要注意月間なのだ。

☆室橋裕和(むろはし・ひろかず)=1974年生まれ。週刊文春記者を経てタイ・バンコクに10年居住。現地日本語情報誌でデスクを務め周辺国も飛び回る。3年前に東京へ拠点を移したアジア専門ライター。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
アンカツ&大魔神・佐々木らが「ダービー」テーマに大討論会
5・27ニコ生「東スポ@競馬ラボ」で激アツ本音トークバトル展開!“謎の美女”祥子と“謎の聖女”璃子も参戦

今年もやります「ザッツPOG」好評発売中!
ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手が初登板! アンカツも4年連続参戦

【解散SMAP、ジャニーズ】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
北日本新聞杯(5月21日、金沢競馬場)

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース福岡・SG「オールスター」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。