• 文字サイズ

トップ > ノンセクション > 社会 > インドネシアの島に男の天国「ナゴヤ」が…

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インドネシアの島に男の天国「ナゴヤ」が…


【アツいアジアから旬ネタ直送】シンガポールからフェリーで約1時間。海峡を渡るとインドネシア領バタム島に到着する。「この島はシンガポールとインドネシアが共同で開発を進めてきた自由貿易エリア。工業団地がいくつもあり、税金の優遇措置があるため日系企業の進出も盛ん」とは、インドネシア駐在が長い商社関係者だ。

 発展が続き景気はよく、かつてのさびれた漁業の島は人口110万人の都市に成長。国内各地から直行便が飛ぶまでになり、首都ジャカルタからの日本人出張者も増えたという。「中心都市はルブク・バジャだが、そう呼ぶ人はほとんどいない。地元民も各国からの出張族も、この街を『ナゴヤ』と呼んでいる」と同関係者。

 その由来は日本の名古屋だと言われている。

「第2次大戦中、この辺りの島々に駐屯していた旧日本軍の部隊が、名古屋の連隊だったことから名付けられた説がある。また島の開発が始まったのは1970年代だが、これに関わった日本の某大手商社の担当者が名古屋出身だったから記念して命名されたという説も。どちらが本当か定かではないが…」

 その“ナゴヤ”を歩いていると、やたら日本語で呼び掛けられる。ほとんどがポン引きで、「女を買え」と迫られる。

「中心部にある大きなショッピングモールの前でタクシー運転手に取り囲まれ、『オンナ!』『セックス!』と大声でわめかれ恥ずかしい思いをした」という駐在員も少なくない。「オマ○コ!」と日本語で叫びながら近寄ってくるヤカラも。

「進出している日系企業の人々が、それだけお盛んだということ」と指摘するのは、シンガポール駐在の金融マン。アジア各地で駐在員や出張マンがハメを外すことはよくあるが、バタム島はとりわけ物価の安さ、そして女の子の気立てのよさで人気なのだという。

「シンガポールで暮らす日本人も、週末はバタムで過ごす人が目立つ。シンガポールだと夜遊びも日本並みかそれ以上に高いが、インドネシアへ行けば半額以下。置き屋やバーなどで働いてるのはスマトラ島出身の子が中心で、よく気が付き優しく世話好きだから、男はすぐメロメロになってしまう」(金融マン)

 インドネシアは多民族国家だが、スマトラ島民にはプロテスタントが多い。イスラム教のような飲酒のタブーがなく、女の子と一緒に酔っ払えることも酒好きの殿方にはウケているとか。

 現地妻をつくる駐在員や出張者もいるのに加え、「ビジネスマンだけに独占させちゃおけない」と買春マニアも訪れるようになっており、“ナゴヤ”の風紀悪化が懸念されている。

☆室橋裕和(むろはし・ひろかず)=1974年生まれ。週刊文春記者を経てタイ・バンコクに10年居住。現地日本語情報誌でデスクを務め周辺国も飛び回る。3年前に東京へ拠点を移したアジア専門ライター。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【GⅢ瑞峰立山賞争奪戦】“世界のキタノ”決死の走りで地元記念を盛り上げる
注目選手のインタビュー、本紙記者の推奨レース予想を動画で配信します。

【高松宮記念杯競輪】新田祐大が連覇達成!
新田祐大が連覇で4回目のGI優勝を飾った。

【とこなめGⅡモーターボート大賞】山田康二がGII初制覇!
山田康二が得意のとこなめでイン逃げを決めて優勝を飾った。


おすすめコンテンツ
園田FCスプリント(29日、園田競馬場)

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース鳴門・SG「グランドチャンピオン」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。