• 文字サイズ

トップ > ノンセクション > 社会 > 半グレ集団「怒羅権」分裂騒動 元メンバーが実態告白

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

半グレ集団「怒羅権」分裂騒動 元メンバーが実態告白


元怒羅権メンバーのA氏

 国内最大の暴力団「山口組」が分裂して、この8月で2年が経過する。「神戸山口組」との間で小競り合いは起きたものの、これまでのところ大規模な抗争には発展していない。そんな中、「関東連合」に並ぶ最大の半グレ集団(準暴力団)「怒羅権(ドラゴン)」が、分裂騒動の渦中にあることが分かった。

 昨年、芸能界では国民的人気グループ「SMAP」の分裂・解散騒動が注目を集めたが、アウトローの世界では「怒羅権」の動向が最大の関心事だったという。

 実質的なトップを務めていたのは“ワルのカリスマ”として全国的な知名度を誇る最古参メンバーで、元住吉会系組員のX氏(37)。2011年には六本木のキャバクラに押し入り、集団で山口組系幹部らを襲って半殺しにし、全国に“名声”をとどろかせた。

 逃走を経て13年に逮捕された際には、報道陣のカメラにニラミを利かせて恫喝。あまりの迫力にお茶の間を震撼させた。出所後には盤石の地盤を築いたかに思われたが、実際は違ったという。

 元怒羅権メンバーのA氏は「ワルの世界で“Xブランド”の効果は絶大。オレオレ詐欺や還付金詐欺、未公開株詐欺などの特殊詐欺、違法薬物の売買、企業恐喝などで、軽く20億円以上を稼いだ。だが、急に大金を得たことで“カネの魔力”に取りつかれ『オレのカネを奪われるのでは?』と疑心暗鬼になって、メンバーとの関係がギクシャクするようになった」と証言する。

 人が変わったX氏は、ついにナンバー2のB氏まで疑うようになった。そんな中、昨年にB氏の拳銃襲撃未遂事件が勃発。X氏はなんと、その日のうちに海外に旅立ったという。

 A氏は「20年間つるんで、2度も一緒にムショに入ったマブダチを疑うなんて、どうかしている。Bを襲撃したのはXで決まりでしょ。オレらの間で、同じ日に出国したのは偶然なんて言い訳は通じない。ガキじゃないんだから」と憤る。

 昨夏、怒羅権のコアメンバー全員が集まって話し合いの場が持たれたが、そこにX氏は現れなかったという。

 A氏は「要するに逃げたんでしょ。その証拠に今は名字を変えている。それにしても、恐怖政治で組織を押さえつけてきた、あの“神”の支配体制が倒れるとは予想だにしなかった。時代は確実に変わっている」と指摘。さらに「こそこそ逃げ回ってないで出てこいよ」と呼びかけた。

 今年いっぱいは、約30~50人のコアメンバーの間で権力争いになる見込み。類いまれな結束力を誇った組織が今後どうなるかは不透明な状況だ。警視庁も動向を注視している。

【編集部のおすすめ】
【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
アンカツ&大魔神・佐々木らが「ダービー」テーマに大討論会
5・27ニコ生「東スポ@競馬ラボ」で激アツ本音トークバトル展開!“謎の美女”祥子と“謎の聖女”璃子も参戦

今年もやります「ザッツPOG」好評発売中!
ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手が初登板! アンカツも4年連続参戦

【解散SMAP、ジャニーズ】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
北日本新聞杯(5月21日、金沢競馬場)

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース福岡・SG「オールスター」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。