• 文字サイズ

トップ > ノンセクション > 社会 > 海ガモを布で縛った犯人は?捕獲するのも困難なはず

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海ガモを布で縛った犯人は?捕獲するのも困難なはず


 北海道苫小牧市にある北海道大学研究林内の池で、くちばしに白い布のようなものが巻きつけられたウミアイサのオスが近隣の住民によって発見された。17日に市が職員を派遣して捕獲を試みたが失敗に終わった。

 

 ウミアイサは海ガモの一種で、九州以北の海や河口に渡来する冬鳥。湖沼に入ることもあるがまれで、通常は岸から離れた沖で潜水して捕獲した魚を食べる。発見された個体は頭を振るなどして、懸命に布を外そうとしているという。

 

 布はキレイに結ばれており、何者かが故意に縛った可能性が高いが、そもそも捕獲するのは困難だ。

 

「ウミアイサは警戒心が強く、また食性上、餌付けをするのも難しい。もちろん、飼い鳥の話も聞いたことがない。一般人がいたずらをしようと思っても捕獲できない。無理に捕まえようとすると、羽が折れるなどのケガを負わせてしまう。バンダーでなければ難しいでしょう」(野鳥研究家)

 

 バンダーとは野鳥がどのようなルートで渡りを行うかなどを調査する時にかすみ網などで捕獲して、識別番号が刻印された足輪をつけるなど動向を調査する人のことだ。国や自治体から鳥獣捕獲許可を取得する必要もあり、誰でもできることではない。

 

 とはいえ、野鳥調査を行っているバンダーが、今回のようなことをしたとは思いたくないが…。

 

「バンダーは自治体や組織から依頼を受けて調査・研究のために行っている人がほとんどですが、なかには野鳥の販売を目的とする違法バンダーもいる。さすがにウミアイサを販売しようとは思わないでしょうが、ほかの鳥が目的で設置したところにたまたま引っかかってしまい、いたずらした可能性もあるのでは…」(前出野鳥研究家)

 

 カネに目がくらんだバンダーが、“外道”が掛かった腹いせに及んだ仕業なのか――。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【日本選手権競輪】5月2日京王閣競輪場で開幕!
注目選手のインタビュー、“闘将”佐々木昭彦の推奨レース予想を動画で配信!

【解散SMAP、ジャニーズ】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載】酔っ払った姿がかわいすぎる“飲みカワ”アイドル中村静香
お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)


おすすめコンテンツ
かきつばた記念(5月3日・名古屋競馬場)、兵庫CS(5月4日、園田競馬場)

豪華プレゼント満載!(クリックすると詳細表示)

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース津・プレミアムGI「マスターズチャンピオン」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。