• 文字サイズ

トップ > ノンセクション > 社会 > 「昨年稲田氏と会った」記事取り消し 赤旗も騙された籠池ウソ証言

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「昨年稲田氏と会った」記事取り消し 赤旗も騙された籠池ウソ証言


稲田朋美氏

 日本共産党中央委員会が発行する「しんぶん赤旗」は18日付紙面で、16日付紙面に掲載した「籠池氏“昨年10月、稲田氏と会った”」の内容が誤っていたとして、記事を取り消した。森友学園の籠池泰典理事長の一連の発言の信ぴょう性が疑われている中、“ウソ”が発覚した形だ。

 

 赤旗は16日付の1面で、籠池氏と妻・諄子氏が昨年10月、都内で行われた「防衛大臣感謝状贈呈式」で稲田朋美防衛相と「会っていた」との籠池夫妻の“スクープ証言”を寄せていた。

 

 ところが、18日付で「その後の取材で、籠池氏は感謝状贈呈式に参加していなかったことがわかりました。裏付け取材が不十分なまま出された記事でした。おわびして取り消します」と訂正記事を掲載した。

 

 稲田氏と籠池氏の関係では、2004年に森友学園が起こした民事訴訟で、稲田氏が弁護士として原告代理人を務めていた可能性が浮上。稲田氏はかたくなに否定していたが14日になって、代理出廷していたと謝罪、訂正していた。

 

 稲田氏は「(籠池氏とは)10年間ぐらい、お会いしたこともお話ししたこともない」と話していたが、赤旗による籠池氏側の「昨年10月に会った」との証言で、「稲田氏の答弁の真実性が問われる」と追い込まれていたが、籠池氏側がとんだウソをついていたというワケだ。

 

 籠池氏を巡っては、これまでも数々の発言が疑問視されてきた。中でも小学校の建設費では国や大阪空港、大阪府に提出された契約書がそれぞれ、約23億、約15億、約7億とバラバラ。

 

 また安倍晋三首相から100万円の寄付を昭恵夫人を通じて受け取ったと爆弾発言し、安倍首相側は即刻否定するなど、物議を醸していた。籠池氏側は次々と“物証”を公開しているが、いずれも突っ込みが入る不完全かつ不十分な証拠となっている。23日に国会の衆参両院で行われる証人喚問では、籠池氏の一連の発言が問われるが、「稲田氏と会った」とのウソ発言も問いただされる材料となりそうだ。

【編集部のおすすめ】
【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【ウィナーズカップ】“湘南の若大将”郡司浩平がGII初優勝
郡司浩平が第1回覇者に名を刻み、年末の地元平塚グランプリ出場へ前進した。

【解散SMAP、ジャニーズ】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

元フジアナ・長谷川豊「すべてお話ししますがなにか?」
マイクをペンに持ち替えて、女子アナたちの不仲疑惑、未成年アイドルとの飲酒騒動などを大放出!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解に担当記者のコラムを掲載

出走メンバー、展開予想、本紙の見解を掲載!

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は児島SG「ボートレースクラシック」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。