• 文字サイズ

トップ > ノンセクション > 社会 > 東京五輪で仰天テロ対策あり!?ラブホでも身元明示の可能性

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京五輪で仰天テロ対策あり!?ラブホでも身元明示の可能性


 2020年東京五輪に向けたテロ対策訓練が今月、都内各地で行われ、ホテルではパスポートの写しの提出を拒む不審な外国人客への対応が訓練された。最悪の事態を防ぐための対策は必要不可欠だが、パスポートチェックが不要なラブホテルは“死角”になる恐れもある。

 

「正直ここ10年、客のほとんどは中高年カップルかデリヘル利用客だったが、最近はアジア系外国人の観光客も増えてきた。海外のガイドブックや旅行サイトにも手軽に泊まれるホテルとして紹介されているようだ」と話すのは、都内のラブホテル関係者。

 

 独特の装飾や室内の多彩な設備はもちろん、住所記入などのチェックイン手続きをせずに宿泊できることも、外国人観光客からの支持理由の一つになっているようだ。

 

 政府としても外国人観光客の急増や東京五輪に向けたホテル不足解消の切り札として、ラブホテル改装費用の融資に前向きに対応するよう、政府系金融機関に働きかけている。

 

 風営法や各自治体の条例で、ラブホテルを一般のホテルにするには、食堂やロビーを設置する必要がある。その改装資金を捻出させようとしているものの、ホテルへの改装の決断はそう簡単ではない。

 

「お金をかけて改装したとしても部屋数を増やせるわけではないし、改装期間中は営業できないし、宿泊料金の設定も難しい。最終的に収益がプラスになるかは微妙」(前出の関係者)

 

 現在も子連れ宿泊を黙認するラブホも多く、わざわざ海外の家族連れを堂々と泊めさせるためだけに改装するのは割に合わないという。

 

 ただ、今後はテロ対策の強化でラブホでも身元確認などの徹底を迫られる可能性もある。

 

「結局、観光客を増やしてくれるのはいいけど、五輪はやらなくていい、というのが本音」(同)。ラブホテルはどうなっていくのか…。

【編集部のおすすめ】
【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【GⅢ瑞峰立山賞争奪戦】牛山貴広が記念初優勝
牛山貴広が直線差し切って記念初優勝をつかんだ!

元フジアナ・長谷川豊「すべてお話ししますがなにか?」
マイクをペンに持ち替えて、女子アナたちの不仲疑惑、未成年アイドルとの飲酒騒動などを大放出!

【連載】酔っ払った姿がかわいすぎる“飲みカワ”アイドル中村静香
お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)


おすすめコンテンツ
園田FCスプリント(29日、園田競馬場)

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース鳴門・SG「グランドチャンピオン」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。