• 文字サイズ

トップ > ノンセクション > 社会 > 「北川景子に負けたくない」死体遺棄裁判・被告が異例の結審後会見

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「北川景子に負けたくない」死体遺棄裁判・被告が異例の結審後会見


“美人”からいつの間に“イタイ女”へ――。2015年6月、神奈川県相模原市の墓地で阿部由香利さん(25=当時)の遺体が発見された事件で死体遺棄罪に問われた秋山智咲被告(25)の控訴審初公判が17日、東京高裁(秋葉康弘裁判長)で開かれ、弁護側は「人の死体と認識していなかった」と改めて無罪を主張。被告人質問を請求したが、却下され結審した。

 

 昨年9月の東京地裁判決で懲役1年執行猶予3年(求刑懲役1年)が言い渡されたが弁護側は有罪認定を不服として即日控訴していた。美人女子大生お嬢様が交際相手だった佐藤一麿被告(殺人罪で起訴)にそそのかされ死体遺棄を手伝ったと事件当時はセンセーショナルに報じられた。

 

 だが、裁判が始まってみると「佐藤から『(犬の死骸を)保管してくれないなら元カノの女優北川景子とヨリを戻して、景子に埋めてもらうからいい』と言われ、勝ち負けじゃないんですけど、北川景子に負けたくないと思った」などと荒唐無稽な主張を繰り返す被告にメディアもだんだんとあきれ顔。美人女子大生からイタイ女被告人へと報道姿勢を変えていった。

 

 極め付きはこの日、結審後に行われた会見だ。保釈されているとはいえ、この種の事件の刑事被告人が判決前に会見を開くのは異例。マスク姿で顔を映さないことを条件にカメラの前に立った秋山被告は「人の遺体と聞き、一番驚いたのは私です。(中略)刑事さんや検事さんからすれば私は小娘かもしれませんが、人ひとりの人生がかかっています」などと書面を読み上げた。

 

 傍聴ライターは「弁護士は『高裁では必ず逆転する』と息巻いていたが感触が鈍いため、二審の前にテレビの単独インタビューに応じさせたり、ダメ押しで結審後に会見を開いて世論に“かわいそうな智咲”を印象付けたかったのだろうが裁判官への心証は最悪でしょう」と分析。判決は5月12日に言い渡される。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【ニコ生】アンカツと大島麻衣が桜花賞で激論!
「東スポ@競馬ラボ アンカツ春の予想祭り」を4月8日(土)に配信!

【ウィナーズカップ】“湘南の若大将”郡司浩平がGII初優勝
郡司浩平が第1回覇者に名を刻み、年末の地元平塚グランプリ出場へ前進した。

【解散SMAP、ジャニーズ】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解に担当記者のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は児島SG「ボートレースクラシック」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。