• 文字サイズ

トップ > ノンセクション > 社会 > 森友学園・籠池理事長「火に油会見」の墓穴

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

森友学園・籠池理事長「火に油会見」の墓穴


認可申請を取り下げたものの、なぜか意気軒高な籠池理事長(左)と息子の佳茂氏(右)

 ますますドツボにハマった“墓穴会見”――。学校法人「森友学園」(大阪市)の籠池泰典理事長が10日、同園が運営する大阪市の「塚本幼稚園」で会見を開き、4月に豊中市で開校を予定していた小学校の認可申請を取り下げたことを明かした。報道陣から、数々の疑惑を追及されると例によってはぐらかし、なぜか同席した籠池氏の長男・佳茂氏が、しきりに割って入ってますます混乱。当人たちは、なんとか世間の同情を買おうと必死だが、肝心の疑惑は消えず、この父子の非常識さばかりが際立つ結果となった。

 午後5時半過ぎ、200人を超える報道陣の前に現れた“疑惑の渦中”にある籠池氏。まず、小学校の開校への経緯を説明し始めたが「産業廃棄物を運び出さないといけないが、マスコミの方々の報道で処理先がなかなか見つからなかった。報道、国会の論議で、寄付金も集まりにくくなった」と、いきなりマスコミへの不満をぶちまけた。

「認可適当といただいて、建物が9分9厘できている。でも、子供の身の危なさ、保護者のプライバシー、まだまだ過熱するかもしれない状態に、どこかで終止符を打たないといけないと思い、今日(午後)2時に私学審議会に宛てて、小学校設立の申請書を取り下げた。涙の出るような決断でした」と、得意の“被害者面”をしてみせた。

 認可申請を取り下げたことで財務省はこの日、建設した校舎を学園負担で解体し、更地に戻したうえで土地を返還するよう求めた。さらに学校用地として使う契約内容に反したとして、違約金1340万円の支払いも求めた。

 ところが、籠池氏は「建物については我々が作り上げた結晶。潰さない方向で考えてもらわないといかん」と身勝手な主張。続けて「学校認可の思いは諦めていないので、認可に基づいて土地も購入もしてますし、そこに残っているものだと思っている」とあくまで今回の取り下げは、認可申請の“延期”と強調。学園側の契約書が本当なら少なくとも建設費に7億円かかった代物も壊すことなく、現状維持で、“居座り”も辞さない構えだ。

 土地取得をめぐる政治家の関与について、前日は動画配信サイト「ユーチューブ」で稲田朋美防衛相(58)をにおわせ、「尻尾切りはやめて」と悪態をついていたが、この日は一転、「(稲田氏との関係は)想像にお任せします。志は一緒だし、以前はお会いする機会もたくさんあった」と擁護した。

 また「国会の方、安倍総理、昭恵夫人からも何も口利きはしていただいてません」と話し、「捏造された」と批判していた鴻池祥肇元防災相(76)との接触も「不動産屋に入るようなもの」と口をつぐんでみせた。

 籠池氏にとっては政治家の関与は“切り札”となる。「(小学校設置に)また再びチャレンジする」と爆弾カードは握ったままにしたい魂胆が透けて見える。

 もっとも肝心の疑惑、3種類の契約書の存在や、建設業者の発言との食い違いなどに話が及ぶと必死にはぐらかす。国会への招致についても「僕は民間人なので、応じる気持ちはない」と拒否した。

 結局、主張はするものの、“ツッコミどころ”満載! 疑惑については何も語らないという無駄に時間を費やしただけの会見になったが、これに輪をかけたのが、同席した息子の佳茂氏だ。

 突然「私が代弁します!」「僕にも言わせてください!!」などと話に割って入り、顔も父親とうり二つだが、身勝手な主張も同様。父親が返答に窮すると「答える必要があるのか」「それはいいじゃないですか」などと精一杯のフォローを入れようとするが、あまりにヒートアップし、籠池氏が「もういい」とたしなめる場面も。

 そんな佳茂氏は、会見が終了し籠池氏が退出すると、態度を一変。報道陣に向かって「父がいて言えませんでしたけど、いろいろ偉そうなこと言うてすいません」と頭を下げ「今回、さまざまなことで大変お騒がせしました。父も何かと言えないことがあると思う」と思わせぶりな発言まで飛び出した。

 ちなみに籠池氏は自分が辞めれば事態が収まるとでも考えたのか、学園理事長を退任する意向も示した。後任は佳茂氏かと思いきや「娘の町浪(ちなみ)です。今後は(自身は)アドバイザーのような形で関わっていく」と堂々と“院政宣言”。

 新たなお騒がせファミリーの出現と籠池氏の“徹底抗戦”で事態は混迷を深めるばかり。この騒動、収まるどころか、さらに火がつきそうだ。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【GⅢ瑞峰立山賞争奪戦】牛山貴広が記念初優勝
牛山貴広が直線差し切って記念初優勝をつかんだ!

元フジアナ・長谷川豊「すべてお話ししますがなにか?」
マイクをペンに持ち替えて、女子アナたちの不仲疑惑、未成年アイドルとの飲酒騒動などを大放出!

【連載】酔っ払った姿がかわいすぎる“飲みカワ”アイドル中村静香
お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)


おすすめコンテンツ
園田FCスプリント(29日、園田競馬場)

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース鳴門・SG「グランドチャンピオン」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。