• 文字サイズ

トップ > ノンセクション > 社会 > トランプ大統領就任20日に暴動? 富裕層主導「大規模デモ」の恐れ

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トランプ大統領就任20日に暴動? 富裕層主導「大規模デモ」の恐れ


気に入らない記者の質問を封じ込めたトランプ氏(ロイター)

 ドナルド・トランプ米次期大統領(70)が20日の正式就任を前に、米東部時間11日(日本時間12日未明)、当選後初の記者会見をニューヨークで開き、バラク・オバマ大統領(55)の看板政策撤廃や不法移民対策でメキシコとの間に造る壁の早期建設を訴えた。記者とバトルも展開。日本時間21日未明の就任式が近づき、当日はひと騒動ありそうだと現地の有識者は懸念している。それは富裕層主体の反トランプ・デモだという――。

 お膝元のトランプタワーで次期大統領は、ロシア、中国、日本、メキシコはオバマ現政権よりも新政権を「はるかに尊重するだろう」とぶち上げた。オバマ大統領の看板政策である医療保険制度改革(オバマケア)は「大失敗だ」として撤廃する考えを示し、選挙中に公約したメキシコ国境での壁建設計画を早期に実現すると述べた。

 これまで報道機関を攻撃してきたことに触れようとした記者の質問は受け付けず、食い下がられると「お前に質問はさせない」「無礼だ」とはねつけ、「お前が虚偽の報道をしている」と言い放った。

 ツイッターで一方的な情報発信を繰り返してきたトランプ氏の記者会見は、昨年11月の大統領選勝利後初めて。単独での記者会見は昨年7月27日以来、約半年ぶりとなった。次期米大統領がこれほど長期間会見しなかったのは極めて異例で、就任を前に国民への説明責任を果たす狙いがある。

 だが、国民の分断を招いたと批判されたトランプ氏は米国を一つにまとめられるのか。陰謀説に詳しい在米ジャーナリストのマリエ・ウエダ氏はこう話す。

「オバマ政権を支持する数万人が20日、大統領就任式が行われる首都ワシントンで『トランプ大統領反対のボイコット』の大規模なデモを計画しています。デモが暴動に、さらには内乱に発展する可能性もあると不安視されています」

 そもそも、なぜトランプ氏が選ばれたのか。ウエダ氏は「オバマ政権以降、グローバリズムの結果が年々明らかになってきたからだ」と指摘したうえで続ける。

「次に起こることが一般米国人の目に具体的に見えてきた。失業率の増加、少数派による経済界と金融機関の独占、後進国からの違法移民と無差別移民による人口増加などです。国民は『米国が米国でなくなってしまう』と憤慨していたのが現状でした」

 そこに突然、実業家のトランプ氏が現れ、共和党の大統領候補者となり、選挙演説でこれらの問題を指摘。その事実をズケズケと言いだした。

「トランプ氏は本当の事実を恐れ知らずに平気で言っていたので、最初は冗談や笑いごとのように思えた。しかし『トランプ氏は“自費出費の候補者”で“黒幕”からの選挙資金援助を受けていないから、彼の発言は確かだ』と人気がグングンと上昇した。というのも、これまでの歴代大統領は民主党でも共和党でも、同じ“黒幕”に操られた人形で、結果は同じことであるのを国民は経験しているからです」(同)

「“黒幕”からの資金提供を受け“黒幕”に都合のいいことしか言わない政治家なんか信じられない」と思っていた国民の前に突如現れたのが、トランプ氏だったわけだ。

「“黒幕”というのは米国の人口の約1%であるのに米国の富の多くを独占している富裕層です。米国民はもとより、世界中を動かし、想像もつかない力を持っている。それを陰謀説論者はイルミナティ、フリーメーソンなどの秘密結社と関連付けています」(同)

 単純な構図として、不法移民は正規の10分の1の給料でも働き、浮いた人件費が会社の利益となり、経営者、投資家に還元される。

「不法移民がいるから、富裕層がますます富む。その富裕層はトランプの不法移民追放政策を嫌がっている。ですから、就任日には富裕層主導のデモが起きるとみられています」(同)

 米国内の上位10%の富裕層の資産は、下位90%よりも多いのも事実だ。トランプ新大統領の就任は波乱の幕開けになりそうだ。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【GⅢ瑞峰立山賞争奪戦】牛山貴広が記念初優勝
牛山貴広が直線差し切って記念初優勝をつかんだ!

元フジアナ・長谷川豊「すべてお話ししますがなにか?」
マイクをペンに持ち替えて、女子アナたちの不仲疑惑、未成年アイドルとの飲酒騒動などを大放出!

【連載】酔っ払った姿がかわいすぎる“飲みカワ”アイドル中村静香
お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)


おすすめコンテンツ
園田FCスプリント(29日、園田競馬場)

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース鳴門・SG「グランドチャンピオン」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。