• 文字サイズ

トップ > ノンセクション > 社会 > 【将棋ソフト使用疑惑】三浦弘行九段“シロ”認定で苦境に立たされる人

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【将棋ソフト使用疑惑】三浦弘行九段“シロ”認定で苦境に立たされる人


 三浦弘行九段(42)の“将棋ソフト使用疑惑”で新展開だ。日本将棋連盟が調査を委託した第三者委員会は26日、同氏に不正行為は「認められなかった」と発表した。

 三浦九段が対局中に頻繁に長時間席を外すことから疑惑が浮上。同氏の差し手が将棋ソフトと90%一致したとのウワサも出回り、同九段は連盟から年内出場停止処分を科せられていた。

 これに三浦九段は「濡れぎぬだ」と猛反発。将棋ソフト自体、スマートフォンにダウンロードしていないと主張していた。

 注目された調査結果は「シロ」。元検事総長で、第三者委員会委員長の但木敬一弁護士は「不正の根拠とされた離席行為の事実がないこと」や「ソフトとの一致率が分析ごとにばらつきがある」ことなどを挙げ、不正行為に及ぶ証拠はないと説明した。これで風向きが変わるのは、三浦九段を「クロ」認定していた人たちだ。

 羽生善治3冠(46)は妻のツイッターを通じ「今回の件は白の証明も黒の証明も難しいと考えています」とグレー扱いした上で「疑わしきは罰せずが大原則と思っていますので誤解無きようにお願いを致します」とコメントしていた。

 特大ブーメランが直撃したのは、たきつけ役といわれる渡辺明竜王(32)。同氏は一部取材に「間違いなくクロ」と断言。竜王戦で三浦九段と対局予定だったが「不正を行った人と指すつもりはない」と舌鋒を強めていた。

「物静かな人が多い棋士の中で、渡辺竜王は異端児。威勢良く疑惑をブチ上げていたが…。その後、雲行きが怪しくなってきたのを察知したのか連盟に『三浦九段の処分は求めていない』と徐々にトーンダウンしていった」(関係者)

 渡辺氏は竜王戦の“前哨戦”といわれた対局で三浦九段に負けており、ネット上では「勝てない相手だから疑惑をデッチ上げたのでは?」という声も上がっている。次は渡辺氏が説明する番だろう。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
アンカツ&大魔神・佐々木らが「ダービー」テーマに大討論会
5・27ニコ生「東スポ@競馬ラボ」で激アツ本音トークバトル展開!“謎の美女”祥子と“謎の聖女”璃子も参戦

今年もやります「ザッツPOG」好評発売中!
ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手が初登板! アンカツも4年連続参戦

【解散SMAP、ジャニーズ】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
北日本新聞杯(5月21日、金沢競馬場)

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース福岡・SG「オールスター」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。