• 文字サイズ

トップ > ノンセクション > 社会 > 都心墜落の可能性があった大韓機 警鐘が鳴らされた「羽田安全神話」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

都心墜落の可能性があった大韓機 警鐘が鳴らされた「羽田安全神話」


 羽田空港で5月27日、離陸しようとしたソウル行きの大韓航空機(ボーイング777)のエンジンから出火し、319人の乗客乗員全員が緊急脱出した事故で、羽田の“安全神話”に警鐘が鳴らされている。

 大韓機は離陸滑走中に左エンジンから出火。タービンの部品が破損して飛び散るなどしており、何らかの異常が起きていたとみられる。出火に気付いた管制塔の管制官からの通報でパイロットは急ブレーキをかけ、緊急停止していた。

 羽田空港がある大田区の元区議で長年、空港問題に取り組んでいる防災アナリストの金子富夫氏は「火災規模が小さかったのが幸いでした。また管制室が出火に気付かずに離陸していたら、コントロールを失い、調布飛行場の墜落事故のようになっていてもおかしくなかった。サミットどころではない大惨事になっていたかと思うとゾッとする」と指摘する。

 羽田空港には4つの滑走路があり、大韓機はC滑走路を都心上空へ向けて、離陸しようとしていた。この滑走路を利用した場合、離陸直後に大井埠頭を右に大きく旋回し、東京湾を横断するのが通常ルートだ。都心を避けるのは人口密集地で騒音や墜落、落下物のリスクを避けるためだ。

 ただ、このルートの見直し計画が現在、物議を醸している。国交省は2020年東京五輪へ向け、羽田空港の国際枠の発着を増やすために都心を通過する低空飛行ルートの解禁を協議している。離陸時だけでなく、着陸時にも都心を通過するとあって、計画に反対の声が高まっている。

 金子氏は「羽田空港では長らく航空機の火災事故が起きていない。航空管制、各航空会社、整備、関係者らの努力のたまものだが、人間がやっている以上、ミスは避けられない。羽田はバードストライクが日本で一番多いし、便数が増え、都心を通過するなどリスクが高まる以上、危機管理のあり方の見直しが必要」と訴える。

「羽田は大丈夫」との安全神話を信じるのは禁物のようだ。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
アンカツ&大魔神・佐々木らが「ダービー」テーマに大討論会
5・27ニコ生「東スポ@競馬ラボ」で激アツ本音トークバトル展開!“謎の美女”祥子と“謎の聖女”璃子も参戦

今年もやります「ザッツPOG」好評発売中!
ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手が初登板! アンカツも4年連続参戦

【解散SMAP、ジャニーズ】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
北日本新聞杯(5月21日、金沢競馬場)

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース福岡・SG「オールスター」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。