• 文字サイズ

トップ > ノンセクション > 社会 > UFOが米大統領選のカギ握る? 異質候補トランプ氏のヘリに接近

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

UFOが米大統領選のカギ握る? 異質候補トランプ氏のヘリに接近


トランプ氏が搭乗したヘリの近くに現れたUFO(右上=インターネットから)

 米大統領選イヤーの今年、勝敗はUFOが鍵を握る!? 民主党の指名争いの有力候補者ヒラリー・クリントン氏(68)がUFO情報解明をうたえば、共和党の指名争いで予想外の健闘をしている異質候補ドナルド・トランプ氏(69)のそばにはUFOが出現し、記者から問い詰められる事態になっている。

 11月に大統領選本選が行われるが、そこに向けて両党の候補者選びが2月1日のアイオワ州での両党の党員集会からスタートする。

 民主党のヒラリー氏には、オバマ政権で大統領顧問を務めたジョン・ポデスタ氏が選挙対策本部に入っている。ポデスタ氏はビル・クリントン政権時、大統領首席補佐官を務め、米ソ冷戦時に米陸軍が超能力を戦争に導入しようとした「スターゲート計画」の情報を開示。ポデスタ氏は昨年、バラク・オバマ大統領(54)のもとを去る際に「UFO情報を開示させられなかったことは最大の後悔だ」という言葉を公式に出している。

 さっそくヒラリー氏は同年末にニューハンプシャー州での選挙キャンペーンで、UFOに関する質問に「確かなことはわかりませんが、私はすでに宇宙人は地球を訪れているのではないかと考えています」「大統領になったらUFOの真相を解明したい」「エリア51を調査する」と答えている。

 一方、トランプ氏は「不法移民強制送還部隊を創設する」「メキシコとの国境に巨大な壁を建設する」など過激な発言で注目を集めているが、さすがにレイシストのうえ“荒唐無稽”なUFO話に参入するか悩んでいるのかもしれない。

 UFO研究家の竹本良氏は「昨年、アイオワ州での活動で、トランプ候補のヘリコプターにUFOが接近するという事件が起きていた。今年に入って、米記者たちがトランプ候補にUFOの質問を投げかけたが、全く無視し回避している模様です」と語る。

 しかし、UFOマニアの間では、米政府はUFO情報を隠蔽しているが、米大統領は必ずエイリアンと交流を持つことになるというのが定説。エイリアンから軍産テクノロジーの提供を受けているからだ。そのため、トルーマン以降の大統領は好き嫌いにかかわらず、UFO問題に関わらざるを得なかった。

「ケネディ元大統領はロズウェル事件以降のUFO情報を暴露する直前に殺害されたといわれている。ニクソン元大統領はUFO研究家の知人に米軍基地格納庫のUFO残骸と宇宙人の死体を閲覧させたといわれている。カーター元大統領はシンクタンクのマイケル・サラ博士に『地球外知的生命が出現したら地球はいかに変貌を遂げるか?』について研究させ、それが現在の宇宙政治学の基礎となった。レーガン元大統領は(ソ連の)ゴルバチョフ大統領に『宇宙人の存在は米ソの距離を埋めてくれるはずだ』と述べています」(竹本氏)

 トランプ氏もそういった話を聞いていないはずはない。竹本氏は「私の感触では、トランプ氏のような超保守的なタイプの方がUFOを目撃した場合に、過剰反応すると推察している。さらりとかわせばいいものを、UFOの質問を完全無視・回避していること自体が過剰反応であって、トランプ氏はUFOの真相に触れているか、あるいはなんらかのUFO施策を練っているはずです」と指摘する。

 米大統領選は、開国ならぬ“開星時代”の始まりなのかもしれない。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【GⅢ瑞峰立山賞争奪戦】牛山貴広が記念初優勝
牛山貴広が直線差し切って記念初優勝をつかんだ!

元フジアナ・長谷川豊「すべてお話ししますがなにか?」
マイクをペンに持ち替えて、女子アナたちの不仲疑惑、未成年アイドルとの飲酒騒動などを大放出!

【連載】酔っ払った姿がかわいすぎる“飲みカワ”アイドル中村静香
お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)


おすすめコンテンツ
園田FCスプリント(29日、園田競馬場)

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース鳴門・SG「グランドチャンピオン」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。