• 文字サイズ

トップ > ノンセクション > 社会 > フォードの事業撤退にマニア悲鳴 アメ車が日本で買えなくなる?

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォードの事業撤退にマニア悲鳴 アメ車が日本で買えなくなる?
2016年01月30日 17時00分

 米自動車大手フォードが2016年末で日本市場からの事業撤退を表明し、他のアメリカ車(アメ車)も日本市場から撤退するのではないかとマニアが悲鳴を上げている。

 フォードといえば、初めて大量生産されたT型フォードが世界中でヒットし、GM、クライスラーとともに米自動車ビッグ3の一角を形成してきた。野生馬から由来するマスタングは長らくアメリカン・ドリームの象徴だった。日本市場ではマツダと提携するなど、販売に力を入れていた時期があり、韓国のテレビドラマ「冬のソナタ」でヨン様ことぺ・ヨンジュン(43)が白色の大型SUVエクスプローラーに乗っていたことでヒットもあったが、昨年の年間販売数はわずか4968台。輸入車1位のメルセデス・ベンツの6万5162台のシェア19・8%に対し、フォードは1・5%しかなかった。

 ただフォードの低迷は日本市場だけの話だ。北米市場ではF―150が昨年トラック市場で日本車を抑え、販売数1位になり、欧州市場も堅調だ。また世界最大の自動車市場となっている中国での伸びは顕著で、昨年は約100万台を販売した。もはや日本市場にとどまる理由はなく、中国へのシフト転換は時間の問題だった。他の米メーカーも似たような状況だ。こんな流れにアメ車愛好家は嘆く。

「アメ車はデカい、壊れる、燃費が悪いのイメージが強いが、近年は改善され、故障も少ない。ただフォードに限らず、GMやクライスラーなど米ビッグ3は日本の小型車ニーズには応えてこなかったので、マニア向けの域は出なかった。さらに若者の車離れが進んでいる中で、アメ車の武骨さは古くさいだけで受けなかったんでしょう」

 フォードは日本撤退後も、部品販売などアフターサービスは引き続き行っていくというものの、新車を購入するには並行輸入しか手立てがなくなる。ヨン様カーやマッスルカーを街中で見かける機会はさらに減ることになりそうだ。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【高松宮記念杯競輪】優勝の新田祐大をミス日本グランプリ松野未佳さんが祝福
新田祐大が圧巻の走りで3回目のGI制覇を果たした。

【連載】酔っ払った姿がかわいすぎる“飲みカワ”アイドル中村静香
お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

厩舎情報徹底取材「ザッツPOG」好評発売中
アンカツ3年連続参戦、2年連続で推奨馬クラシック制覇の虎石「神セレクト」、井崎、マツパク先生と最強布陣でお届けします。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解に担当記者のコラムを掲載

モーニング娘。'16のメンバーがメンバーが日替わりで登場!(全12回)

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

これが全面休業からテレビ復帰までの一部始終!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

マイクをペンに持ち替えて、女子アナたちの不仲疑惑、未成年アイドルとの飲酒騒動などを大放出!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は蒲郡SG「グランドチャンピオン 」

18〜23歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2016」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。